いつも見て頂きありがとうございます!

この算数なんかわからねえよちくしょうブログに共感して頂く声がなかなかあり、なぜかホッとしております!w

バリバリ理数系の旦那に言わせれば「これはこういうものだと覚えてたからそこまで気にしてなかったわ~」とのことで

やっぱりどうやら私はなかなかめんどくせえクソガキだったようです!(笑)

今回は分数に打ちのめされた小3時代の続きです

 

これがまっったくわからないわからない!

「これ赤ペン先生でやったところだ!」どころか「この赤ペン先生もなんかよくわかんないこと言ってる!」でした滝汗

経験者の私があらためて思うのは、そもそも私のようなみんなと同じスピードについていけない子には大勢でやったり全体の平均に合わせた問題集だったりは合いませんね!

とくに参考書や問題集はすでに書いてある説明で読み手が理解できる前提に進んでいくので、そこで理解できなければ1ページも進めない状況に陥る可能性がばりばりに高い気がします。ではどうやって勉強したのか?これについてはまた次の機会に・・・!

 

 

さてさて。それでは当時の話に戻りますよ!

すでに算数への苦手意識はMAXレベルとなった私でしたが

 

当時の私が通っていた小学校のテストは先生が作った問題ではなく、市販かそれ用でおそらくどこかの出版社が販売しているのであろう大きくてカラフルなプリントでした

 

ひいひい言いながらもなんとかテストを送り出しました。

しかしその結果、とんでもない形でテストは返却されるのであった・・・(続)

 

パート①→コチラ

+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-

★ランキング参加中★