産卵に必要な明るさについて | FUJIYAMAめだかのブログ

FUJIYAMAめだかのブログ

富士山の麓でメダカを楽しんでいます。
当方の飼育環境や飼育方法の紹介をしていきながらブログを通じて日本全国にメダカの輪を広げたいです!


テーマ:
こんばんは口笛
FUJIYAMAめだかです富士山

先日、日照時間加温飼育について
書かせて頂きましたが
明るさについてのお問い合わせがあったので
その辺について書いてみようと思いますニコニコ
まず、メダカは150lux以上の明るさで
産卵をするそうですが
150luxってどれくらい?
ってなりますよね?キョロキョロ

結論から言うと「明るい」って感じなら
150luxくらいはあります(笑)

lux(ルクス)やlm(ルーメン)といった
明るさの単位の説明は割愛しますてへぺろ

で、仕事で照度計を使う事があるので
ちょっと拝借してきましたニコニコ

まず、屋外での明るさは…やや曇り気味の天気で30,200luxでしたびっくり

8月のギンギンに晴れた
昼には98,000luxもありましたガーン
陽当たりの良い地面に置いただけなので
太陽に垂直にしたらもっとあると思います太陽

で、屋内の水槽はどれくらいかと言いますと
二灯式蛍光灯
・照明の真下
・水槽の底で
3,480luxでしたニコニコ

次に照明の真下から少しずらして計ると

1,700lux

で、水槽の側面では

986lux

で、お次は
一灯式蛍光灯(20w)
・照明の真下
・水槽の底で

682luxとかなり暗いですが
毎年これで産んでくれてますし
全然問題ない明るさですウインク

蛍光灯に対する角度と距離で
数値は大きく変わるので
だいたいの目安として下さいニコニコ

因みに売られている照明は
lmという単位で表示されていて
luxではないので
わかりにくいかもしれませんが
使い古した20wの蛍光灯に
かなり近付けると…

3,800luxでしたニコニコ

luxとlmの換算サイトもあると思いますが
↑の20w蛍光灯を目安にしてもらえれば
わかりやすいかと思いますウインク

因みに…楽天で売られていた
48w4000lmの物凄く明るいLED投光器から
10cmほど離して測定したところ
明るすぎて、この照度計では
測定不能でした(笑)

いずれにせよ普通の照明なら
産卵には問題ないと思いますニコニコ

メダカ学全書によると
150lux以上なら明るさは関係なく
大切なのは温度と照明時間
だそうですウインク

あと、他の方からも質問がありましたが
LEDでも蛍光灯でも産卵しますおねがい

ただ、色に関しては、青や赤は孵化率や
致死率に影響するそうなので
昼光色が良いと思いますグラサン

以上
産卵に必要な明るさについて
でした照れ

今日も優しさの1ポチを
宜しくお願い致しますショボーン
にほんブログ村 観賞魚ブログ メダカへキラキラ押してねキラキラ
にほんブログ村

ついでにコチラもポチッとお願いしますてへぺろ

いつも本当にありがとうございます照れ
ポチってくれる皆様に感謝ですおねがい

ブログの目次虫めがねは→コチラ
(メダカの飼育方法&豆知識のご紹介)

ネットショップキラキラは→コチラ
(各種メダカ&用品販売)

ではまた口笛

FUJIYAMAめだかさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス