1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >> ▼ /
2009年05月30日(土)

ハードパンチャーのお話 VOL.3

テーマ:ブログ

 さてさて、身内で好評のハードパンチャーシリーズです。


今日のハードパンチャーはハードパンチャーファイルNO.3朝川芳光です。


朝川は自分と同級生で東京農業大学で第66回全日本選手権ライト級チャンピオンです。



そう、自分が全日本選手権決勝戦の相手でした。



リーグ戦でも判定で負けていたので2度対戦し2敗しました。



同じ相手に2度負けたのは朝川しかいません。



ん~逃げたい過去ですが、しかたがありません。





全日本選手権の決勝戦。強打ばかりが、評判の選手でしたが、それ以上に



”目”がよく上手な選手でした。※視力はめっちゃ悪かったみたいですが・・・ 



試合はゴングと同時に打ち合いとなりました。左フック、右のいきなりのストレートは



強烈で、常にカウンターの用意をぎりぎりの緊張感の中で狙っていたのを覚えています。



先にパンチを当てて効かしたのは自分でしたが、常にプレッシャーをかけられスタミナを



極度に消耗しました。 公式のジャッジもポイントをリードしていた最終ラウンド



右ストレートを打ったところ、綺麗に右のかぶせたカウンターをもらってしまい



膝をついてしまいました。ここでタオルがセコンドから投入され、全日本チャンピオンの



夢は夢のままで終わってしまいました。 この時打った瞬間「あっ」と思ったら【グオン】って



衝撃が走って真っ白になって気がついたら片膝をついていました。



それまでも、ダウンを経験した事がありますが、合計3度かな?


全部片膝をつくパターンです。後ろにひっくり返ったり、尻餅をついたりの経験もありません。



全部ストレートパンチですね。強烈なフックをもらっても倒れた事がありません。



これは人それぞれに違うと思うのですが、真っ直ぐ系に耐えられる人。横からに耐えられる人。



人によってそれぞれだと思います。大学四年生でキャリアも技術もついた全日本の決勝での



あのパンチは体にも心にも応えた生涯一番のパンチとなりました。



■パンチの質は【硬さ】は感じませんが、取りあえず【重い】パンチでした。

藤原俊志ブログ「藤原VS...」Powered by Ameba
※朝川氏イメージ画像


今でも悔しいですが、もう一回戻れるとしたらと聞かれたら、全日本よりもインターハイでの


敗戦の方が悔しいです。 だから、高校生諸君 今はいろんな誘惑もあるでしょうが


後悔しないためにも精一杯努力して下さいね。




明日はいよいよ登場か?クラミジアン細川

いいね!した人  |  コメント(3)  |  リブログ(0)
最近の画像つき記事
 もっと見る >>
1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >> ▼ /

Ameba芸能人・有名人ブログ

芸能ブログニュース

    ブログをはじめる

    たくさんの芸能人・有名人が
    書いているAmebaブログを
    無料で簡単にはじめることができます。

    公式トップブロガーへ応募

    多くの方にご紹介したいブログを
    執筆する方を「公式トップブロガー」
    として認定しております。

    芸能人・有名人ブログを開設

    Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
    ご希望される著名人の方/事務所様を
    随時募集しております。

    Ameba芸能人・有名人ブログ 健全運営のための取り組み
    芸能ブログニュース