動物と人の旅立ちは違う | 人間より動物好きの獣医 シワ神シワ男

人間より動物好きの獣医 シワ神シワ男

埼玉県新座市のふじわら動物病院、院長藤原です。
ペットが幸せになるためには、飼主さんが幸せになる必要があると思っていて、
まずは飼主さんが幸せになることでペットも幸せになるような診療を心がけています。
サ論代理店

 

  

 

 

 

 

 

 

 

 

  人も動物も必ず訪れる「旅立ちの時」

  人と動物(ペット)は違います。

  人は人として自分の人生を終わらせて

  いきます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

  動物は飼い主さんに対してその生涯を

  終わらせていきます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

  動物に選択肢はありません。

  動物の最期が飼い主さんの笑顔と

  満足の中であるならば…

 

 

 

 

 

 

 

 

 

  それが動物の喜びとなります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

  ってアニマルコミュニケーターの

  横尾美香さんがブログで書いてた。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

  確かにぼくら飼主と一緒に暮らす動物は

  自分自身で選択できないから

  動物自身に選択肢はないね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

  ぼくら飼主が動物の生涯を選択していく。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

  自然界にいる動物は

  人から治療を受けることは

  あまりないから

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

  自分で生涯の幕を下ろして逝くけど

  ぼくら飼主と一緒に生活してる動物は

  人から治療を受けることができて

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

  人から看病をしてもらうことができる。

  けれどもそこに選択肢はない。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

  

  動物自身でいろんな治療の中から

  自分がいいと思う治療を選択したり

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

  動物自身が治療をするしないと

  選択することはできない。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

  すべてぼくら飼主の選択になる。

  そこは人と動物の違いだね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

  人の場合も家族と意見が合わなくて

  自分が自由に選択できないことも

  あるけど自分の意見は言える。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

  終末期になった時

  「点滴はしたくない」

  「胃瘻チューブはつけたくない」

  「ホスピスに行く」など

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

  自分の意思を伝えることはできる。

  それが了承してもらえるかは別として。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

  ぼくら飼主と一緒に生活してる動物は

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

  「この治療がいい」

  「点滴はしたくない」

  「入院はしたくない」と

  自分の意思を伝えることはできない。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

  一部のアニマルコミュニケーターさん

  には伝えることができるけど。笑

  一般的にはできないね。

  

  

 

 

 

 

 

 

  

  人の脳死判定をしていくドキュメンタリー

  を観たけど

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

  やっぱり動物と人は違うなって

  思ったね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

  人が脳死状態になって意識もなくて

  会話もできなくても家族は

  それでも生きていてほしいと願う。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

  動物だったらそんなことはないよね。

  意識もなくただ寝てるだけの動物に

  生きていてほしいってあんまり思わない。

  もう楽にしてあげたいって思う。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

  動物が脳死状態になってまで

  生きていてほしいと思わないよね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

  そう考えた時にはやっぱり人と

  動物は違うなって思った。

 

 

 

 

 

 

 

 

  まぁぼくが脳死状態になったら速攻で

  使える臓器はすべて使ってもらって

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

  すっからかんになるように

  家族には意思表示をしてるけどね。笑

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

  獣医療が進歩して動物も人と同じような

  医療が受けられることは素晴らしいこと

  だけど人と動物は一緒じゃないなって思う。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 今日もありがとう

 人間より動物好きの獣医

 獣医師シワ男

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

■ 獣医師シワ男による犬猫のための

  腸内環境改善サービス

 

「腸活」という言葉があるように「腸を整える」ことは、免疫力を向上させ、感染症予防や病気になりにくい身体作りに役立ちます。そんな腸内環境改善について獣医師の立場から様々な方法をご提供しています。

https://peraichi.com/landing_pages/view/6dckx

 

 

 

 

 

■ ビデオ通話(LINE)によるペットの健康・お悩み相談始めました

 

LINEのビデオ通話機能を使用して、オンライン相談を行っています。

腸内環境改善、統合医療相談、セカンドオピニオンなど幅広く対応しています。

詳細は下記ページをご覧ください。

https://peraichi.com/landing_pages/view/tcw6o

 

 

 

 

 

 

 

 

 

他の看取り、終末期の話も読んでみて!

動物が旅立った後もぼくら飼主は生きていく

大切な動物との旅立ちの時

犬猫の終末期の検査データと症状

動物を看取るのは諦めるわけじゃない

動物が旅立った時の励ましの言葉

動物と話し合いができるとキツイ

動物のことでつらい時は思いっきり泣く

動物が食べないとビビる

旅立ちをむ変えるための獣医療

動物を治療しないのと旅立ってもいいとは違う

飼い主が笑顔だと動物の体も整っていく

動物が人の健康に与える影響の研究の裏には

動物の尊厳死は・・・

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

リライズニュースでインタビューを受けました。

リライズニュースは、様々な仕事がある中、まだ注目されていない原石のような方を様々な分野で活躍されている方を紹介してくれてます。

インタビュアーが読者と活躍する人の間になり、各業界にある限界にとらわれず、境界線を越えることができる架け橋になってくれてます。

ぼくもインタビューを受けたのでよかったら観てください。

 

動物の生涯は短い、だからこそ幸せなものにしたい!!動物の統合医療・獣医の藤原光宏さん

 

 

 

 

 

 


セミナーのダイジェストを作ってみた。

YouTubeのチャンネル登録もよろしく!

https://www.youtube.com/channel/UC1TQjMRG_gzVrlaS4knm0zg/

 

 

 

 

 

 

 

 

●自分が所属しているペットの健康を守る会の有志の先生方と本を書きました。

両本とも当院での在庫は完売いたしました。

 

 

 

 

LINE公式アカウントやってます。

登録してくれたら上手なシャンプー

のコツ動画を4本無料で

プレゼントします!

友達登録をお願いします。

友だち追加

 

 

 

インスタもやってます
フォローしてもらえると

うれしいです。

 

 

 

獣医師シワ男のインスタ