セミナーの募集をするとき不安になる | 人間より動物好きの獣医 シワ神シワ男

人間より動物好きの獣医 シワ神シワ男

埼玉県新座市のふじわら動物病院、院長藤原です。
ペットが幸せになるためには、飼主さんが幸せになる必要があると思っていて、
まずは飼主さんが幸せになることでペットも幸せになるような診療を心がけています。
サ論代理店

今回はありがたいことに

セミナーの募集してすぐに

満席になったけど

 

 

 

 

セミナーの募集をするときって

いつも不安だったり、怖かったりする。

 

 

参加してくれる人はいるのだろうか?

 

 

募集人数が埋まるのだろうか?

 

 

誰もいなかったらどうしよう。

 

 

と不安になる。

 

 

前回、今回は横尾美香さんとの

コラボセミナーということで

 

 

美香さんのネームバリューがあって

参加してくださる方がいらっしゃるんよ。

 

 

ホンマありがたいね。

 

 

オレだけのセミナーをしたときは

30人の会場を借りて

 

 

参加人数は2名だけだった。

さみしい笑い泣き

 

 

何ともさみしい状況で参加して

くださる方にもなんとなく申し訳なかった。

 

 

セミナー講師1名、受付1名と

主催者側の人数と

参加人数が一緒という何とも

言えない状況だった。

 

 

参加人数が少ないというのは

自分の人気のなさを痛感するし、

 

 

認められてない感じがしたり

自分の力がないと思ったり

自分には価値がないと思ったり

したんよ。

 

 

いろんな考えやいろんな思いが

浮かぶけど、

 

 

その根本はオレの場合いつも

同じで

 

 

自分を認めてほしい

自分を大事にしてほしい

自分を大切にしてほしい

自分を特別扱いしてほしい

に繋がってる。

 

 

更に心底をたどると

母親に認めてほしい

母親に大事にしてほしい

母親に大切にしてほしい

母親に特別に思ってほしい

なんだよね。

 

 

なかなかこれは満たされない

というか変わらない。

 

 

自分で自分を満たすとか

言うけどオレはそう簡単じゃないね。

 

 

それでも自分で自分を少しづつ

満たすことで変わっていくことも

あると思うんよ。

 

 

セミナーに参加していただける

方が少なくても

 

 

現実的に参加人数が少ないと

言うだけで

 

 

自分が認められてない

ということではない。

 

 

「参加人数が少ないのは

さみしい」と言うだけで

 

 

自分が大事にされてない

わけじゃない。

 

 

 

不安、恐怖、悲しい、さみしいと

感じることと

 

 

自分が認められてない

自分が大事にされてない

自分が大切にされてない

自分が特別じゃない

を一緒にするのは違う。

 

 

自分が自分で満たされて行くと

ここは違うことがわかりやすく

なっていくし、

 

 

一緒じゃなければ

そういう考えもしなくなって

いくんじゃないと勝手に思ってるのさ。

 

 

そうなるかどうか知らんけどね。

 

 

 

 

今日もありがとう
人間より動物好き獣医

シワ神シワ男

 

 

 

一緒に読んでみてほしい記事

不安がなくなることはない

不安、恐怖に突然襲われる

自分の不安や恐怖を子供のせいにする

自分の不安を解消するために自分の意見を押し付けようとする

 

 

 

●自分が所属しているペットの健康を守る会の有志の先生方と本を書きました。

現在、猫の飼い方の本はAmazomでは購入できないようなので、

私にご連絡いただければ、若干在庫がありますので、販売することができます。
LINE@、コメント欄にご連絡ください。

 

 

レ点毎日更新していきますので、是非フォローをお願いします

 

LINE@やってます。

ブログでは言えないような

ことも発信してま~す。

友達登録をお願いします。

  友だち追加数