犬、猫の膀胱炎を見わける症状 | 人間より動物好きの獣医 シワ神シワ男

人間より動物好きの獣医 シワ神シワ男

埼玉県新座市のふじわら動物病院、院長藤原です。
ペットが幸せになるためには、飼主さんが幸せになる必要があると思っていて、
まずは飼主さんが幸せになることでペットも幸せになるような診療を心がけています。
サ論代理店


テーマ:
膀胱炎について書いていますが、ご自宅でどのような症状になるのかわかっていると対応もしやすいかと思います。

気を付けて頂きたい症状をチェック項目にして見ました。

□ 赤い尿をしたり、血が混じる
□ トイレに行く回数が多い
□ トイレに入っている時間が長い
□ なかなか尿が出ない
□ 力んでいる
□ 元気や食欲がなく、落ち着かない
□ おしっこをしながら鳴く
□ おしっこをした後に陰部をなめる
など

上記の症状がみられるようでしたら、膀胱炎を起している可能性があります。

このような症状がみられましたら、かかりつけの動物病院で尿検査をしてもらいましょう。

尿検査は、尿が必要になりますので、何か入れ物にとっていただく必要があります。

ワンちゃんの場合は、トレイを使ってとっていただくといいかと思います。

猫ちゃんの場合は、トイレが固まる砂の場合は難しいのですが、最近のトイレでは固まる砂の部分がウッドチップになっていて尿が下のトレイに落ちてとれるようになっているトイレもあるのでそういうものを使っていただけると尿がとりやすいと思います。

おしっこ検査は、色々な情報がわかりますので、定期的におしっこ検査をすることもお勧めします。