8月中旬。腰痛と坐骨神経痛により夜も眠れません。
 歩けないから家の中は這って移動していたため、肘がガサガサになりました。
 食事は座ると痛いため、立ったり四つばいになって食べました。
 鎮痛薬のボルタレンは効かなかったので2日で止めました。
 それでも2~3ヶ月の辛抱だと思い、椎間板に負担をかけない動作を心がけ、脊柱・骨盤の体操を繰り返しました。
 10月になり腰痛、坐骨神経痛はほぼ無くなり整骨院を再開しました。しかし軽い痺れとふくらはぎの筋肉にはまだ力が入らず、つま先立ちやジョギング等はできませんでした。
 11月になるとふくらはぎに力が入るようになり、走ることはできませんが、軽い運動をしても全く痛みは出なくなりました。
 12月に入るとふくらはぎの筋肉はほぼ正常になり、つま先立ちや走ることも可能になりました。


 そして、これが発症時の8月(左側)と3ヶ月後の11月(右側)に撮ってもらったMRI画像です。
 ヘルニアによる神経の圧迫を赤丸で記していますが、
右側はヘルニアが小さくなり神経の圧迫はほぼありません。
 ヘルニアの症状は完全に無くなっていたのでMRIを撮る必要はありませんでしたが、ヘルニアは手術しなくても3ヶ月で治るというのを証明するために撮ったかいがありました!!

 腰椎椎間板ヘルニアでお困りの方
腰、骨盤が動きやすくなる施術
・椎間板に負担をかけない動き方
・家での体操の仕方
 等々、ご説明と施術を致します。
ご希望があれば私の体験談や他のMRI画像もお見せします🎵