サラリーマン

 

キャバ嬢だった彼女は,常連のお客に追い回される。そのために何度も住居を変えてみたが男がいつもあとを追って来る。そもそもどうして自分はあの男に絡まれたのか。彼はお店では最初いい客だった。一度自分のアパートに泊めたことがあったが,そのあとは彼氏気分で自分を監視するのだ。最後は,逃げ場所がないと感じ自殺してしまった。

 

人生の早いうちに両親を亡くし,やっとつかんだ夫はどこかの女と蒸発してしまった。どこが悪かったのかよくわからない。夫はきっといつか帰って来るにちがいない。自分は,夫の両親からの冷たいまなざしに耐えて生きていけるのだろうか。お父さん,お母さん,どうしてこんな人生なの。アタシちゃんとやったよ,がんばったよ。

 

上野ストアハウスはよくいく場所だ。この場所でこんな胸の痛くなる演劇はなかったと思う。どちらの例もなにか考えさせられた。自分の目の前で,こんなに痛切に哀しみを伝えて来ると,演劇とはわかっていても心に響いてしまう。おそらく映画やTVとちがう演劇特有の効果だと思う。全体としては,コミックさもあり楽しい作品集。

 

演劇で食べていけるか。そもそも小劇場は満員になるのは至難であるし,さらなる新顔を呼ぶには当日券もあった方がいいらしいから,たいへんだ。演劇のことを取り組むのがプロであった方がいいのかもしれないが,ときにはセミ・プロが参戦するのでいい演劇ができるのかもしれない。もちろん,そこはプロが脇を固める必要はあるが。