テレビのアンテナ修理

テーマ:

みなさま、こんにちは。

藤田電機の馬場でございます。(大学、病院、一般のお客様など担当させていただいております。)

 

本日は、「テレビが映らない!」と入居者の方から報告を受けた、学生マンションの管理者様からのご依頼。

まず、8階のお部屋にお邪魔してテレビが受信できないのを確認、「間違いなく受信できてない。B-CASカードの問題でもなさそう。」

引っ越してきたばかりだと、地方の受信設定になっていて映らないこともあるので、入居者様に聞き取り調査・・・、「先週まではちゃんと見れていたそうです。。」

アンテナチェッカーで壁の端子を外して、直接アンテナ線をあたるも、レベルが上がらない。

管理者様にも聞き取り調査。

「他のお部屋ではどーですか?」

さすが管理者の方、事前に空き部屋で試していらっしゃり、「3階のお部屋では映りました」とのこと。

 

経験から、「途中のブースターの故障では!?」と推理。

(共用部のブレーカーが切れて、ブースターの電源が切れることがよくあります)

しかし管理者さんのお話では「図面では1階の管理室内に1台あるだけで、他にはないはずです。」

1階のブースターが動いているのは、すでに確認済み。

そこで廊下の天井裏を調査、配線されていた同軸ケーブルを追いかけて、端の点検口を開けると・・・、分配器を発見!

線名札に「7階へ」の文字。

そこで7階へ、さらに6階、そして5階へ。

5階の点検口を開けると・・・、ありました!ブースターです。

電源ランプが点いていません。

露出コンセントをあたると「100Vきてる」。ブースター内のヒューズも大丈夫でした。

ブースターの故障です。

 

原因が分かったところで、ブースターを外し、「IN」の感度をあたるとかなりの受信レベルです。

ブースターなしで「IN」と「OUT」のケーブルを中継接栓で繋ぎます。

8階のお部屋に戻って、テレビをつけてみると・・、きれいに映りました!

 

壊れているブースターは後日交換です。

 

数日間、5階から上のお部屋はテレビが映らなかったはず・・・ですが、報告は8階からの1件だけでした。

最近はテレビを持たない若い方が多いと聞きますが。。。