くま吉とパニックマは、18日間かけて、北海道、東北を旅行しました。今日は、最終日の東武ワールドスクウェア観光(アジア・ゾーン)の様子をご覧いただきます。

18日目、東武ワールドスクウェア観光(3)

東武ワールドスクウェアは、世界各国の遺跡や建築物を25分の1スケールのミニチュアで再現したビジターアトラクションで、1993年に開業した。「47の世界遺産を含む、世界の有名建築物102点。一日でめぐる世界一周の旅」である。

順路は、反時計回りに、現代日本、アメリカ、エジプト、ヨーロッパ、アジア、日本の6つのゾーンを回る。今日は、前回の続きで、アジア・ゾーンだ。各展示物には番号が付けられており、その順番でお送りする。

3連休始まりの土曜日の午前中だったが、午後から雨の予報だったためか、比較的空いていた。というわけで、人混みの嫌いなパニックマも一安心、だと思ったのだが、天気が悪く気温も低かったので、パニックマの調子は上がらず、ヨーロッパ・ゾーン以降は、ベンチで休み休み進んだ。油断して、上着はホテルに預けた荷物の中に入れてしまっており、深く反省している。

番号なし(新展示物)、ワット・アルンラーチャワラーラーム(タイ)。これは、2019年7月20日から登場した新展示物で、番号を付けられていないようだ。

57番、マスジット・イ・シャー(イラン、世界遺産)。昨今、中東とくにイランへ旅行するのはためらわれる時期なので、これを見れたのはとくによかった。

58番、アーナンダ寺院(ミャンマー)。

59番、アンコール・ワット(カンボジア、世界遺産)。現在、修復作業中。

60番、タージ・マハル(インド、世界遺産)。

61番、故宮(中国、世界遺産)。大きい。

62番、天壇(中国、世界遺産)。

63番、敦煌莫高窟(中国、世界遺産)。

64番、雲崗石窟(中国、世界遺産)。

65番、万里の長城(中国、世界遺産)。万里の長城(の一部)が、順路に沿って続いている。

66-A番、ソウル南大門(韓国)。

66-B番、景福宮(韓国)。東武ワールドスクウェア開業後、初めて追加された展示物で、1999年4月より展示されている。

67-A番、高雄龍虎塔(台湾)。

67-B番、台北101(台湾)。2015年10月からの新展示物。

次回につづく

以上、18日目の東武ワールドスクウェア観光(アジア・ゾーン)の様子をご覧いただきました。各展示物ほぼ全ての写真があり、枚数が多すぎるので、今日はここまで(次回につづく)。