自分を信頼するということの難しさは どこから来るんやろう…親子・夫婦・人間関係 | 親子関係・夫婦関係の悩みを良好にし笑顔にするカウンセラーのブログ

親子関係・夫婦関係の悩みを良好にし笑顔にするカウンセラーのブログ

いくら考えても考えても同じ所をグルグルグルとまわっていて、どうしたらいいのかわからなくなってしまった方、独りで抱え込まずにお問い合わせください。あなたに寄り添い、しっかりサポートさせていただきます。

「自分を信頼するということの難しさは

どこから来るんやろう…親子・夫婦・人間関係」

 

っていうところに今日はフォーカスです。

 

応援クリックして頂けると喜びます^^お陰様でずっと上位キープさせていただいておりますm(__)m
    

私は色んな人にセッションをお願いして

自分のケアをしてきましたが

どんな方から受けても

一瞬しかシフト変更できなかったり

セッションの途中まではうまくいっても

後半になると急にそれまでの気持ちが

一気に冷めて冷たい感情が湧き出て

前に進めなくなったりして

カウンセラーを困らせ怒りをぶつけたりして

なかなか厄介な人でした。

 

とにかく楽になりたいという一心で

必死なんですけど、、、

なかなかそこに(自分を楽にすることに)

許可を自分に出せず怒りが出てくるのは

なんでやろうか、、、って

ずっと思ってきたんです。

 

自分では分からないので、もう他力本願で

誰かにどうにかしてもらおうと

甘える自分も出てくるんですね。

 

ほんで、自分がこんな状態やのに

うちに来られた方々が何故に

親子関係が良好になられたり

生きやすくなられるのかが

不思議で不思議でしょうがなくて

過去に京都の先生に

お聞きしたことがありました。

 

「先生、なんでな、うちに来られた方が

セッション受けることで

ええ感じになって行くんか、、、

わけわからんのです。

私ならああいうふうにはなれへんです。」

 

「そりゃそうや

お前より厄介な人は来~へんねん。

クライアントさんもちゃんと選んで来よる。」

 

「え~~~Σ(・ω・ノ)ノ!」

 

この時点で多分先生は

私が自分を楽にしない理由とか

知っておられたのかも、、、て思うんですけど

そこは言いませんよね、、、(笑)



 

blogに時々書いてますけど、、、

 

「自分を信頼する。」

 

これ人によっては、、、

(っていうより大半の人にとっては、、、

って言うた方がええんかな?)

 

ものすごく困難で

難しいことなんだろうと

思うんです。



 

自分を信頼することと同じくらい

他人を信頼することの怖さです。

 

色んなケースがあると思うんですけど、、、

 

ここは的を絞って、、、

勿論、逆のケースもあるという前提でね。


 

誰かに裏切られた経験がある人は

その経験によって

 

「ああ、、、

やっぱり信頼できるのは自分だけや。」

 

て思えるかもしれません。

 

だけど

 「自分を信頼できない。」 っていうのはね

 

外からの情報によって究極

自分さえ信頼できなくなってるかもしれません。

 

例えば身近な人が常に誰かのことを

裏をかいて

決めつけてかかっていたとしましょう。

 

「あの人、口ではあんなこと言うてたけど

腹の中はどうせ

〇〇やと思ってるに決まってる!」

 

とかね。

 

そういうことを自分の目の前で

常にシャワーのごとく言うて聞かせる大人が

居たとしたら、、、

 

「自分の周りの人たちは

私のこともそんな風に疑って見てるのかしら…」

(これ、内心では

とてもショックで悲しいことですね。)

とか

「そうか、最後まで私は騙されないぞ!」

って思っておかないと

自分を守れないのかな…


 

なんてことを若い時期から

その信念を持つことで自分を守れる!

と信じ込んでしまうわけです。

だからこそ

そこに執着し、なかなか手放せません。

 

これ当たりまえやん。

 

そして最終的に

人を信頼してはいけない。

自分さえ信頼してはいけない。

 

っという構図が出来上がる。

 

カウンセリングで自分を肯定して

前向きになることが出来ても

 

この信念があれば時間がたつことで

 

カウンセラーによって

コントロールされていたのではないか?

あの時あの人が言った言葉は

嘘じゃないか?

待てよ待てよ、、、、

騙されないぞ!!!


 

です。💨


 

このね、信念をアインストールするのは

ものすごく大変です。

 

だから怒るんです。

だから困らせるんです。

だってこれを入れ込んだのは

大人なんですから大人全てに対ししての

怒りでもあります。

 

もちろん、八つ当たりです。

 

だけど、根深い信念は

本人がどれだけ努力をしても刈り取れない。

刈り取っても根が残ってるからね…

 

じゃぁ、根っこから引き抜こうとしても

かなり奥深いんです。

 

だって引き抜くということは=

自分を守れなくなる=死

 

ここに近い状態になるんですから…


 

これによって生き辛くなっている人は

結構いてると思います。

 

それでも最終的には…

 

自分です。

 

 

上手く言えないんですけど、、、

 

自分のプロセスを信頼してください。

 

タイミングってあるんです。

 

セミナーに参加するのも

カウンセリングに行こうと思うのも

行ってもダメだったわって思うのも

その回数を何度か繰り返すのも

 

全ては完璧に整う方向で向かっています。

 

人によってその瞬間が訪れるのが

60代かもですし10代かもですし

 

それは分かりませんが

 

大切なことは気付くこと。

意識して気付きに気付くと。

 

そして自分に対して

う~んと優しくなること。

 

でももし又

ダウンロードされた信念が出てきたら

こう言ってください。

 

「今までありがとね。バイバイ!!」です。

 

今までなんだかんだ言っても

その信念はあなたを守るために

握っていたものです。

 

感謝してお別れしてくださいね。

 

私がお伝えしているゼロリセットセミナーでは

もう少しこのあたりを

詳しくお伝えしております。

 

興味がある方はリクエストいただきましたら

開催させていただきます。

 

今月末に行いますゼロリセットセミナーは

満席となりました。

 

ありがとうございましたm(__)m

 

今日は

「自分を信頼するということの難しさは

どこから来るんやろう、、、」

ってお話しでした!!


手放すことの怖さは私なりにですが

理解できます。

そして手放せない時は

手放さなくてもいいんです。

 

無理やり引きはがしたら

出血多量で手の施しようがなくなります。

 

それは

無理やり引きはがした側の問題です。

 

ベストなタイミングで

ちゃんとその時が訪れます。

 

今回も駄目だった…

ではありません。

このカウントも必要だったんです。

 

だから

「私は誰に聴いてもらっても駄目だわ…」

ではありません!!!

 

そのプロセスを信頼してくださいね(#^^#)

 

 

 

~~~~~

 
カウンセリングでは
今まで生きてきた 「出来事」たちによって
あなたの胸に深く刺さったトゲや傷を
私と一緒に勇気をもって抜いたり消毒したり
時には縫合したりして共に治療していきます。
 
そのトゲ、傷は様々な出来事たちのシーンを
ダウンロードされたことによって
思い込みや、信念を埋め込み
選択種が他にないように思いこまされたり
あなたの人生を生き辛くさせたりします。
 
だからこそ、言葉にして語ることで
抑え込んでいた感情も
一緒に吐き出しやすくなり
そこで新たな発見や気づきに出会い
一つ一つ丁寧にひも解いていけるんですね^^
 
一つひも解けば、その分軽くなります^^ 
その一つが大きな出来事なら、なおさらです^^ 
だからこそ、 軽くなりたい方
大歓迎ですぞぉ~~~!!!
 
応援クリックして頂けると喜びます^^
    

 

 

 

ブログパーツ