若い10代の芽を摘むと、どんな大人になると思います?親子ってホントは重いね… | 親子関係・夫婦関係の悩みを良好にし笑顔にするカウンセラーのブログ

親子関係・夫婦関係の悩みを良好にし笑顔にするカウンセラーのブログ

いくら考えても考えても同じ所をグルグルグルとまわっていて、どうしたらいいのかわからなくなってしまった方、独りで抱え込まずにお問い合わせください。あなたに寄り添い、しっかりサポートさせていただきます。


テーマ:

「若い10代の芽を摘むと、
どんな大人になると思います?
親子ってホントは重いね…」

 

今回も2014年10月に投稿した記事を

加筆修正して再投稿です。

読み聞かせに通じるブログとなります。

 

我が子たちが幼少期から思春期になるまで

毎夜読み聞かせしてきて、

子供達が大人になりつつある時期に、

読み聞かせしてきた本から得た会話が

飛び出します。

 

そういった内容を加えていきます。

~~~~~~~

昨日に引き続き(←前回のブログ)
あさのさんの本からいくつか抜粋したい。

あさのさんが登場人物の少女たちを通して
何を言いたいのか。
どんなメッセージを送りこんでいるのか。

それは各々で感じること違うでしょうけれど…

そこにフォーカスして見てくださいね^^

 

応援クリックして頂けると喜びます^^

 

 

ガールズ・ブルー (文春文庫)/文藝春秋
¥514
Amazon.co.jp


自分を愛して何が悪い。
十七歳のあたしはシミも皺もない、
つややかな肌を持っている。
どんな高級なファンデーションも
かなわない光沢があるのだ。
淡いピンク地になでしこ柄の浴衣なんて、
今じゃなければ似合わない。
今のあたしだから、似合うのだ。
薄く眉を描き、薄くリップを塗っただけの、
ほとんどすっぴんのあたしを、
なでしこの浴衣が華やかに演出する。
それを愛して何が悪い。
十七歳のあたしたちに、
均等に与えられている今を、
愛するのも憎むのも
疎むのも受け入れるのも自由だ。
睦月
(むつき→主人公の友人の名前)のように、
目指し、励み、
やがては到達する夢も目標もないけれど、
あたしは無条件で
今のあたしを受け入れ愛している。




「死んでたまるかって思う。
あたしは強いんだ。簡単に負けるかよって」

あんたは負けないよ。
負けたことなんて、一度もないじゃないか。
美咲だけじゃない。
あたしたちは負けないのだ。
しょっちゅう酸素吸入や
点滴のお世話になっていても、
万引きを疑われても、
「いくら?」と、おじさんに尋ねられても、
高校を退学させられても、
負けてしまうわけには、いかないのだ。




あたしたちの前には、長い長い時間がある。
それなのに、今しか着れない浴衣も、
今しか感じられない歌も、
今しか愛せないものもある。
今だけがよければいいなんて、思わない。
でも、過ぎていく時を惜しむことも、
これから来る時に怯えることもしたくない。
したくないのだ。





さて、大人になってしまった私たちは

傷を隠し持ち、鎧で固め
とりあえずは見えないようにして
大人になった私たちは
あさのさんのこの言葉を読んで
何を感じますかね…



10代はすでに沢山の傷を持っています。

それでも、若いうちであれば、
向き合うことでわりと早く再生します。



だからこそ、
言葉に変換することが出来るようになると、


怖いっすよ^^;


ストレートですからね。


受け入れてくれると感じたなら
ガンガンきます。




10代…

と言う若さに

苦しむこともあります。

思い出してみてください。




先は、、、

私たちの未来は、
 
 
 
明るい!!!ヽ(*´∀`)ノ キャッホーイ!!





こんな風に☝
明るいと感じていられたでしょうか?
そして実際
明るかったでしょうか?



将来なりたいものが見つかった。

見つかったって、
それになれるかどうかわからない。

なれなかった時の恐怖。


なりたい者(職業)になれるまでの
道のりの恐さ。

まだおぼろげにしか見えていない
将来への道を

自分で切り開いていかねばなりません。

その時に、自分で切り開く力を私たちは
サポートして行かなければいけない。



その年齢まで、
口やかましく言い、
自律を妨げ、
彼らの考えを引き出さずに
育てるのではなく

自分で考えて判断し行動できるよう
そしてその時に沢山の失敗の経験を経て
それでも、
何かあった時、振り返ってみたとき
何とかして乗り越えていった
過去の自分達に
励まされ自信が持てるよう
サポートしていかなければ
今のこの時代を彼らは
生き延びれないかもしれない。

私等の時代とは違うんです。
(経○連もころころ変えるしね。
大学は何をする所かさえ
本来はどういう場だったのかさえ
分からない所になってきてしまっている。)

この子たちが未来歩く道は
私等の時代とは大きく変化している。

アドバイスなんて
実際できっこないんですよ。


そこ、知っておいた方がいいですよね…

仮にね
なりたいものになれなかったとしても、
それも人生のプロセスなんだということ。


その事実を
サポーターである親が知っておくこと。

彼らは彼らなりに
必死で道を作って歩いてるんですからね…



その道中
ある意味とても哲学的なことを考える
10代の時期に
私等親は面倒臭がったり
恐がったりするのではなく…




あさのさんの、いわんとするところ、
見え隠れしていますよね?
セリフの中に沢山 一杯ね。

そこ、聴ける耳と 大きな心の器
持っておいた方がいいね^^


だって、とても知性的だよ?彼ら。

そこの芽を摘んでしまうとね
知性を摘むことになるんだよね…

そしたら、どんな大人になると思います?







あら、、、

また最後がチクッ!とな^^;
今日は
「若い10代の芽を摘むと、どんな大人になると思います?親子ってホントは重いね…」
ってお話でした^^
 
それでも、全てが全て
親の責任でもないんです。
 
親にも子供にも
両方にあるんです。
 
実際はね。
 
だって
 
それ
 
選んでるでしょ?
 
誰が?
 
その年齢まで来たら本人がです。
 
もう
 
誰かのせいには
できないところまで来てると思う年齢です。
 
自分の人生に覚悟と責任が要るよね。
 
そこをその年齢までに伝えておくことが
親側の責任かもしれません。
 
オドオドしくでもなく
大人になることが嫌だと感じさせるような
伝え方でもなく
 
その為には
 
やっぱり親が生きてる自分を
楽しんでいないとね^^
伝えられないでしょ!!
 
良きモデル者として^^
 
完璧でなくていいんですよ。
ゆるゆるでいいのです。
 
そんなゆるゆるな親を見て
子供は肩の力を抜ける。
 
視野を広げて見れるんじゃないかな^^
 
 

 




ふじたカウンセリングfacebook  良かったら遊びにいらしてくださいね^^



 
応援クリックして頂けると喜びます^^


ブログパーツ

親子関係・夫婦関係の悩みを良好にする。ふじたカウンセリングさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

SNSアカウント