あっという間に12月も半ばですねガーン

本日は所有者不明土地関連法の施行日が決まりましたので、取り急ぎお知らせします。

 

前々回のブログで記載しました、遺産分割に関する見直しを含む「土地利用に関連する民法の規律の見直し」は「令和5年4月1日施行」に決まりました。

 

また、5月のブログで記載しました、相続登記の申請義務化は「令和6年4月1日施行」に決まりました。
 

 

住所等の変更登記の申請義務化の施行日まだ決まらず、今後、政令で定められる予定です。

所有権の登記名義人の住所等に変更があった場合、2年以内に変更登記を申請しなければ、5万円以下の過料が科せられるという規定なのですが、「他の公的機関から取得した情報に基づき、登記官が職権的に変更登記をする新たな方策も導入する。」ということです。自然人の場合、住所氏名のほか、生年月日を登録することにより、法務局の登記官が、「登記名義人に住所等の変更の登記をすることについて確認をとった上で」職権的に変更登記をするシステムのようですうーん

住所氏名に加えて生年月日の情報を提供すれば職権で住所等を変更してくれるようなのですが、まだよくわかりませんあせる

 


 

詳細が分かりましたらまたお知らせさせていただきますニコニコ

 

梅田・淀屋橋の司法書士 藤原総合事務所のホームページはこちらをクリック