ひそかに完成! | 【非公認】『江ノ電10km34分の鉄道旅』unPowered by Ameba
2014年04月08日(火) 16時27分06秒

ひそかに完成!

テーマ:ブログ
こんにちは。

ボヤボヤしていたら、新年度が始まって、早一週間。
きょうは、4月8日なので、お釈迦様の誕生日(ふるっ!)
きょうから、新学年の学校も多いようで、あさから電車は、新調した
制服に身を固めた新入生と、そのお母さんらしき人で、混み合って
いました。
私が、高校の頃は、あまり見なかった光景・・・親御さん同伴なんて…
今の子供たちは、溺愛されているのでしょうね。
(それとも、私が見放されていたのか?)

そんな新年度を前に、ひっそりと開業?したものがあります。

場所は、鵠沼(くげぬま)駅


江ノ電では唯一の、駅舎が地下にある駅です。
そして、駅前に敷かれた石畳は、鵠沼駅のアイコンのひとつ。
この石畳は、腰越通りの軌道内に敷かれていたもの、と云うのが社内での
伝説になっていますが、実際のところは・・・?どうだったんだろう?
確かに、古い写真をみると、併用軌道内は石畳にはなっていますが…

ところで、一見、近代的な風にみえる鵠沼駅ですが、とても不便なところも
ありました。少子高齢化でお年寄りが増えたこと、そして赤ちゃんを
ベビーカーに乗せて、電車を利用される方には、階段しかなかった
鵠沼駅は、少々難儀だったんですね。
そこで、従業員の給料は上げずとも、設備投資は案外ポンとやる江ノ電
さんは、大手の社局さま張りの、エレベーターを設置したのです。


ホームが狭いうえに、エレベーターの設置場所が、駅舎付近に作れない、
と云う難しい条件の中、どうにかこうにか設置されたエレベーター。
江ノ電の駅の施設としては「初物」です。
しかし、なんでもかなり難工事だったらしく、とてもローカル線の駅では
考えられない工費が掛かったとか・・・来年も給料が上がらないか・・・。
しかし、その恩恵たるや、きっと絶大なのでしょう。利用者はすこぶる
多いそうです。折角、設置したからには、ドンドン使って頂きたいですよね。

ところで、駅舎付近に設置できなかったので、ホームの下を線路に沿って
トンネルを掘る、という大工事になったそうで、それは新しい取り付け通路を
見れば、納得できる作品となりました。


既存の改札口以外に、もうひとつ改札口が出来たからです。
しかも、既存の改札口は、簡易改札機が建ち、駅係員が手集札すると云う
旧態然的な改札口に対して、ご覧のように、どこぞの大手さんやメトロさん
あたりのちょっと寂れた改札口風。本格的な自動改札機や、メトロさんの
改札付近でも見掛けるチャージ機まで用意された本物志向?
もはや、こちらが本口で、既存の方がB口、という感じの出来です。

ところで、改札脇に立つ新聞の販売機。
「ニュースくん」と云うんですね。昭和っぽい!

江ノ電の有人駅で一番地味な鵠沼駅。
知らぬ間に、バージョンアップしていました。

『らっち.』さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

SNSアカウント

コメント

[コメントする]

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス