出来事は何のために起きるのか? | 感動のススメ

感動のススメ

「感動をちからに 喜びをかたちに 感謝をこころに」という理念を元に日々の出来事を綴っていくブログ

2020年が始まりました。

 

 

多くの人は希望に胸を

膨らませます。

 

そして

「よい年でありますように!」

と願います。

 

この言葉を翻訳すると・・

「笑顔になれる心地よい出来事が

たくさん起こりますように」

という大本音も見え隠れしています。

 

都合のよいハッピーな出来事を願う

ことは仕方ないですね。

 

しかし、過去を振り返ってもそんなこと

ばかりが続いた年などありません。

 

 

事実は一つ、解釈は無限

という言葉があるように

やはり解釈の仕方がポイント。

 

都合のよくない出来事が起こった時に

なんでこんなことが起きたのか!

過去にフォーカスして

原因探しをしているとイライラします。

 

自分以外のせいにして

心を動揺させます。

 

渋滞も仕事の失敗も夫婦ケンカも

お客様のクレームもケガも・・

原因を探して自分以外の

何かのせいにしている限り

腹が立ちますし落ち込みます。

 

しかし

このことは何のために起きたのか?

と考え、この学びが今の自分には必要、

成長=未来のためにこのことは起きた、

と受け止めると全く違う心持になれる

はずです。

 

自分の周囲で起きることは

その原因も責任もすべて自分にある

と考ええることができれば

ありがたいことだらけになる

のではないでしょうか。

 

 

言うほど簡単ではないかも・・

しれませんが(^^;)

 

出来事の解釈が幸せ感を決め、

また感謝の心をも呼び起こす・・

 

年の始めでもありますし。

気が付いたときだけでも
こうした考え方を持つところから
始めてみてはいかがでしょう。

ゆるりゆるりと(笑)

 

言葉一つで心は自由にも不自由にも

なりますし、

幸も不幸も自分が決められるのかも

しれませんね。

 

私も言葉の力を借りて

今年も精進していきます。

 

本年もよろしくお願いします。

 

 

感動をかたちに

喜びをちからに

感謝をこころに

 

感動経営についてもっと知りたい方はこちらへ