今年の振り返り | 感動のススメ

感動のススメ

「感動をちからに 喜びをかたちに 感謝をこころに」という理念を元に日々の出来事を綴っていくブログ

急に寒くなりましたね。

 

今年もいろいろありましたが
そろそろ2019年の振り返りをする

時期でしょうか。



 

自分にとっての感動ベスト5

あげていくと、どのようなことが

思い出されますか?

例えば、多くの人にとって

ラグビーワールドカップは強烈な

印象だったと思いますが
「日本代表の頑張りに感動した~」

というざっくりした感想でなく
どのシーンに

なぜ感動したか?

など細分化して考えると
感性が磨かれます。


私は・・

巨大な台風の爪あとが生々しい

横浜で日本とスコットランドの

ゲームが行われたこと自体が

強烈な感動でした。

テレビで放送が始まった時、

何事もなかったかのように

アナウンサーが淡々と話し始め、
照明に照らされて

整備されたピッチ、超満員の会場が

映し出されました。

その瞬間、鳥肌が立つほど

心が震えました。

日本すごい!と。

インフラの設備・性能はもちろん

この猛烈な台風の後、

どれだけの人が

どれほど大変な作業をして

このひと試合のために

会場を整えたのか想像するだけで

胸が熱くなりました。

これこそ日本の持つ底力では

ないかと。

おそらく他の国であったなら

このゲームは開催できなかった

のではないかと思います。

心から日本を誇らしく感じた

瞬間です。

「ワンチーム」がおそらく今年の

流行語大賞になると思います。

その言葉は、私の中では

日本代表だけのものではなく
困難が立ちはだかった時、
気持ちを一つにできる、

同じ方向を向くことのできる

日本全体のチームワークを

意味しています。

「この国はまだまだやれる、
この国の持つ力を信じている」



数年前に大ヒットした「シンゴジラ」は

私の大好きな映画。

 

壊滅的な被害を受けた東京で

主人公の政治家が

ラストシーンで語る言葉ですが

これが重なります。

あなたにとっての今年の感動シーン
ぜひ言葉にしてみてください。


言葉をちからに
感動をこころに

 

 感動経営についてもっと知りたい方はこちらへ