なぜ、この部下は・・ | 感動のススメ

感動のススメ

「感動をちからに 喜びをかたちに 感謝をこころに」という理念を元に日々の出来事を綴っていくブログ

どこにでも「あるある会話」の

なぜ・・・なのか?

 

なぜ、やらなかったんだ! 

なぜ、できなかったのか!

 

 

部下や後輩ができなかった時

上司は何かと「なぜ?」という

言葉を使い、原因を探します。

 

というか「なぜ」、「どうして」が

口癖になっていますね。

 

この原因探しをしても

あまり意味がありません。

 

本人も「よくわからない」

が本音ではないでしょうか。

 

「わからない」と答えると

また叱る人の逆鱗に触れること

だけはわかっているので(笑)

適当な理由をくっつけて

説明します。

 

そこにフォーカスした会話に

意味はなく、生産性のない

不毛な会話・指導が続き

互いに辟易することになります。

 

大事なことは繰り返さない事

少しでも成長すること

 

行動療法的なアドバイス

ポイント。

 

具体的にこうしなさいとか

これを何回にしようとか

明確にアドバイスすることが

大切です。

 

後輩は先輩・上司の

後姿を見ている

という事も忘れてはいけませんね。

 

この人の言うことを聞きたい、

指導を受けたい、と思える

尊敬や魅力を磨いているでしょうか。

 

人は好きな人、尊敬している人から

影響を受けやすいものです。

 

なぜ?を他人に問う前に

なぜ自分の言うことが

入っていかないのか?

と自分に着目したほうがいいかも・・

しれませんね。

 

部下は上司の言った通りには

ならないが

やった通りにはなる

 

親子の関係にも通じますが

これは名言だと思います(笑)

 

 

姿勢をちからに

言葉をこころに

信頼をかたちに

 

感動経営についてもっと知りたい方はこちらへ