この秋は・・捨てよう! | 感動のススメ

感動のススメ

「感動をちからに 喜びをかたちに 感謝をこころに」という理念を元に日々の出来事を綴っていくブログ

息子を連れて週末に

よく図書館にいきますが
そこで手に取った一冊。

 

2018年出版

 

別に秋でなくてもいい

のですが(笑)

「捨てる」ことについて

改めて考えさせられました。

 

「断捨離」はよく聞きますが

単に片付ける技術のこと

ではないのですね。

 

本質はもっと深いところに

ありました。

 

著者のやました氏が前書きで

面白い表現をされていました。

 

不足という困難で悲惨な

状況下ではなく

「過剰」がもたらす不幸の中を

生きて行かなくてはならない

運命にあることを

見誤ってはならない・・

 

この本の目的は

人・モノ・情報と自分との

関係性の見直しにあり

自分の執着の正体をも

見つめなおすこと

にあります。

 

人は変化を求めながら

変化を恐れる生き物

でもあります。

 

捨てられない性格、

必要でないのに

いつまでも大事に

持っているタイプの方は

大切な秋の一冊

かもしれません。

 

 

決定回避の法則とは・・

スーパーでの

ジャムの試食に

6種類を置いたときと

24種類置いたとき、

試食する人の数は変わらないが

購入の数には差が出る

ことを示したものです。

 

6種類の方がよく売れる=

24種類も置くと選択が面倒

になって買えなくなる!

 

日常生活にたくさん

あるあるですね。

 

いろんな情報がありすぎる

と選択ができなくなる・・

 

机のまわり、心のまわりが

ゴチャゴチャしていると

面倒になり、後回しになって

決断できなくなる!

ということです。

 

そしてまたどんどん膨れ上がる

という悪循環。

 

いつかは使うから、

もったいないから、

なにかあるかもしれないから

 

私もこの秋は

この呪縛から解き放たれる

季節にしようと思います。

 

 

※ 本のタイトルも表現も

  すごくシンプルな理由が

  読んで判明(^^)

 

 

情報をちからに

選択をかたちに

 

感動経営についてもっと知りたい方はこちらへ