ショートアプローチ | 感動のススメ

感動のススメ

「感動をちからに 喜びをかたちに 感謝をこころに」という理念を元に日々の出来事を綴っていくブログ

ゴルフでもテニスでも
短く打つのは難しいものです。



 

ゴルフがそれほどうまくなくても
ドライバーショットがうまく

打てることはありますが
アプローチでピンそばにピタリ!
は難しい。

テニスがうまくなくてもも
ファーストサービスが
決まることはありますが
ドロップショットは・・

まず決まりません。

短く打つにはコントロール
「タッチ」が要求されます。


さて、今30分講演の準備を

しています。

いつもの講演は60分~90分位
かけて説明するので
そのリズムに頭も体も
慣れてしまっています。

短い時間の中で
伝えたいことを
伝わりやすくするには
工夫が必要です。


スライドを減らすだけでなく
シナリオを変えたり
繋ぎのために
新たなスライドを作成したり。

長い講演も短い講演も
「話す」・「伝える」という
共通点はありますが
持ち時間によって

伝え方が違ってきます。

よい機会をいただいたので
頭の体操、話の断捨離

と思ってとり組んでいます。


自己紹介も「〇分で」

と言われたら
その尺内で収めることがポイント。
 

「長い~」と思われたら
聞いてもらえませんし
誰も得をしません。

他人の時間を奪わない

=短い時間の中で

話のインパクトを強くして

心に寄りそう気持ち
この忙しい時代、
誰もが意識すべき
かもしれませんね。


 

時間をこころに
言葉をちからに

 

感動経営をもっと知りたい方はこちらへ