あえて相田みつを美術館 | 感動のススメ

感動のススメ

「感動をちからに 喜びをかたちに 感謝をこころに」という理念を元に日々の出来事を綴っていくブログ

23年位前でしょうか

QMに入社した頃=

感動経営に携わってすぐの頃
相田みつを氏の世界観に

触れました。



 

作品に感銘を受け
心に刻みながら

書道を始めたことを
思い出します。

思うところあり

有楽町の相田みつを美術館にいき

その魂に触れてきました。


 

相田みつをさんといえば
ヘタウマ文字の元祖ですが
楷書などビックリするほどお上手です。
書家を志されていたので

アタリマエなのですが(笑)

 


 

その徹底的な基礎があるから
こその深みといえます。

書道の世界は封建的で
堅苦しいものがありますが
体制への葛藤を抱えたところから
彼の独創的な世界が始まりました。

 



彼の作品が心を打つのは・・


弱さを認めながら
成長しようという気持ちを持ち
不器用で道に迷いながらも
ひたすら貫く姿勢・勇気を
著わしているからでしょう。

それをヘタウマ文字に
凝縮させているからだと
私は解釈しています。

100人いれば100通りの

解釈があると思いますが。

初めて接した時のような
大きなインパクトは
ありませんでしたが
諦念

という言葉を通して
深いなにかが残りました。


諦念・・
①「ものごとの道理を悟って、

  迷いを去ること。」
②「あきらめの境地に

  達すること。諦めること。」

よく知っているよ、
という方も多いと思いますが

行くと新たな出合いがあるかも
しれませんよ。

 

 

今週も楽しんで頑張りましょう。

 


言葉をちからに
弱さをちからに
感動をこころに

 

感動経営についてもっと知りたい方はこちらへ