隔世の感 | 感動のススメ

感動のススメ

「感動をちからに 喜びをかたちに 感謝をこころに」という理念を元に日々の出来事を綴っていくブログ


テーマ:

週末、子供の授業参観に行きました。

(小学3年生 男子)

 

 

時代も違えば

地域によっても学校によっても

違うかもしれませんが

それにしても自分の子供の頃とは

隔世・・違い過ぎますね。

 

都内の公立小学校ですが

まず父兄参観が毎月のように

あります。

 

行くと2時間~3時間は

立ちっぱなし。

参加するためにお父さんは

コンディションを整えないと

いけません。

腰が痛くなります(笑)。

 

金曜日、勢いで飲みすぎると
とても辛い時間となります。

 

今回は親子の触れ合いということで

朝9時半から体育

=親子ドッジボール対決(-_-;)

 

次の授業は国語そして算数

 

算数はしょっちゅう行われる

学年全体テストによって

クラスがえがあります。

 

生徒の理解進捗具合で

授業内容が変わります。

 

また

授業中、子供たちは

質問などあると前の先生の所へ

つかつかと歩いて行き、

直接、質問や相談をします。

 

その光景だけでも

「へぇ~」

 

授業中に歩くなんて・・

ありえませんでした。

 

授業中、先生は調べものに

グーグル大先生を使います。

 

その先生はまだ20歳代半ば

声も大きく魅力ある女の先生です。

 

「さっき✖✖と言ったんですけど~」

「ムリムリ!ありえないって」

 

隔世の感もここまでくると

すべてが新鮮(笑)

 

さて、

後ろから二番目に座っていた

女の子が前から回ってきたプリントを

最後列の子に回す時

誤って床に落としました。

 

その子はそれを拾って自分の机に

既に置いてあったプリントと差し替えて

後ろの子に渡しました。少し微笑みながら。

 

女の子は大人だなと思ったとと同時に

ホッとできる懐かしく微笑ましい光景

でもありました。

 

時代や文化は変わっても
道徳心や大切な価値観は繋いでいって

ほしいですね。

 

感動をこころに

感謝をこころに

 

感動経営についてもっと知りたい方はこちらへ