言葉をちからに | 感動のススメ

感動のススメ

「感動をちからに 喜びをかたちに 感謝をこころに」という理念を元に日々の出来事を綴っていくブログ


テーマ:

言葉をちからに


春の甲子園が終わりました。

断片的ではありますが

準決勝あたりからライブ観戦で

時々、試合を楽しみました。

決勝戦の前に

東邦、習志野の両監督の
コメントが出ていました。

れを見て今回は東邦が勝つ

と確信しました。
(後出しじゃんけんではなく

理由があります笑)

その理由は・・監督のコメントの最後に

ありました。

習志野の監督が最後に
「・・勝ちたいと思います」
締めくくっていたのに対し
東邦の監督は

「・・・何が何でも勝ちます!」
と言い切っていたこと。

「勝ちます」と言い切るか
「勝ちたいと思います」と思いでとどめるか
この差は実に大きい。

先日、私の研修でもこの話をしたばかり

なのですが
勝負ごとでその指揮官、リーダーが
「勝ちます」と言いきれているかどうか
数年前から色んなスポーツや対戦事で

試合前コメントに注目していますが
「勝ちたいと思います」派は

負けていることが多いのです。

決勝に上がってくるようなチーム

の実力は僅かな差
 

特にチームスポーツは一人一人の

メンバーのちょっとしたミスやラッキーなど
ひとつのきっかけで流れが大きく

変わるものです。

指揮官の

何が何でも勝つ!と言い切る

気迫・自信・構えが
選手を導き、勝利を手繰り寄せる

と言っても過言ではありません。

指揮官のコメントの差は
「宣言」するか、「願望」でとどめるか

の差でもあります。

それをポイントに試合観戦すると
勝敗の予想精度があがるはずです。

「・・と思います」はとても便利な言葉です。
しかしやはり弱い。

スポーツに限らず

ビジネスでも大いに参考になりますね。

東邦高校 優勝おめでとう!
習志野高校も感動をありがとう!


※習志野の美爆音も感動しましたが
 私は大阪桐蔭+東邦マーチングバンド

 の極上音 音色の柔らかさが好きです(^^)




言葉をちからに
音楽もちからに
宣言もちからに

 

感動経営についてもっと知りたい方はこちらへ

感動短期大学学長 藤原格さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ