感動のススメ

「感動をちからに 喜びをかたちに 感謝をこころに」という理念を元に日々の出来事を綴っていくブログ


テーマ:

 

「自信」とは・・

自らを信じると書きます。

 

圧倒的な経験・練習量に

裏打ちされた自信もあれば

根拠のない自信もまります。

 

その一方で

多くを経験しているはずなのに

妙に謙虚で控え目な言動の人も

います。

 

さて、

今6歳の息子に水泳を教えています。

 

小学校で今年最後の水泳の授業

=進級試験があるというので

気合を入れてきました。

 

まだクロールと言い切れない

サンショウウオが跳ね回っているような

フォームですが

なんとか先日20メートル泳ぎました。

 

25mプールの端まであと5m!

 

それまでの最長距離は10m程

だったので飛躍的な進歩です。

 

25M泳げると現在の8級から

一気に6級へ行きます!

 

それに気をよくして頑張りましたが

気合入りすぎて息継ぎに失敗

水を飲んだりして、その日は結局

20mの記録を破れないまま終了。

 

翌日もプールに行き、

「20m泳げたことを思い出して

慌てないように」

とか他にも色々アドバイス

したのですが

 

20m泳げたという事実より

その後の水を飲んだ苦しさのほうが

記憶を支配してしまい

体が委縮しています。

 

戦う前から負けている!

 

体が委縮して体の動きに

伸びがありません。

 

本人もそのことを

わかっているのですが

泳ぎ始めてもすぐにコースロープに

しがみついてしまいます。

 

成功体験にフォーカスするか

できなかったことにフォーカスするか

その差がその後の結果に

大きく左右することを

学んだ体験でした。

 

こうしたことはビジネスでも

ありがちです。

 

その人の考え方の癖も

性格もあるとは思いますが

結果から考えると

実にもったいない時間。

 

発想の委縮は体の委縮、

そして時間の委縮、成長の委縮かなと。

 

根拠のない自信を手放しで褒める

わけでもありませんが

その自信たっぷりな態度は人を信頼させる

ケースもあるでしょうし

なにより

堂々とした態度は

動きものびのびしているので

いろんな意味で得をします。

 

「萎縮」と「堂々」の差は実に大きいな

つくづく感じた次第です。

 

さて今日が今年最後の

水泳の昇級試験・・

奇跡の吉報を待ちたいと思います。

 

 

 

 

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

感動短期大学学長 藤原格さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

最近の画像つき記事  もっと見る >>

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。