港街の夜明け | 富士山バカの富士山撮影記

富士山バカの富士山撮影記

美しい富士山の写真・撮影日記・エピソードなど富士山に関することを発信していきます!!

こんにちは。

 

久しぶりの更新になってしまいました。

 

今日は美しい港街の夜明けの光景をお届けしましょう。

 

平成31年4月1日 夜明け

静岡市・日本平にて

 

3月31日は桜の開花の様子を見ようと、西伊豆を訪れました。

 

駿河湾の向こうに富士山が見える場所で夜明けを迎えましたが、雲が多くて残念な朝でした。

 

ところが昼頃になると雲が取れてきて、空気も入れ替わってきた感じで、スッキリと富士山が見えてきたので、夕方は伊豆半島の付け根にある内浦湾の夕景を収めることが出来ました。

 

撮影を終え、さて明日の朝はどうしよう?

 

あそこがいいかな、ここがいいかなと、色々と候補が頭に浮かびましたが、結局向かったのが静岡市にある日本平でした。

 

ここから眺める清水港の夜景は絶景。

 

富士山が見える夜景スポットは数多くありますが、車があれば簡単に行けるので、自信を持ってオススメできる場所のひとつです。

 

これまでも空気の澄む冬場に何度か狙ったことがありますが、満足のゆく作品は出来ていません。

 

日付が変わって4月1日、夜明け前から撮影ポイントに立ちました。

 

僅かに東の空が白み始めています。

 

富士山はシルエットで見えていました。

 

相変わらずうっとりするような清水港の夜景。

 

澄んだ空気に入れ替わったので、街灯りが煌いていました。

 

夜から朝へと移るこの時間帯は、刻一刻と空の色が変化してゆくので目が離せません。

 

暗いうちは富士山の頭に雲がかかっていたようでしたが、それも消えて、伸びやかに裾野をひろげた富士山が姿を見せてくれました。

 

だいぶ明るさが増した頃、左の方から雲の一団が流れて来ました。

 

僅かに茜を帯びたその雲は、富士山の上空に差し掛かると大きく広がって、明けゆく空にアクセントを付けてくれました。

 

この場所で、ようやく満足のゆく光景に出逢えた思いでした。