2017年10月8日、“ガチンコ3”さんの学園祭ライブ「ガチンコ4の3」にて、私が作曲した2曲を“ガチンコ3”の皆さんが初披露してくださいましたカラオケ
 
私は高校一年生の時、“チェキッ娘”というアイドルグループの一員としてデビューをしました。
当時、私がレギュラー出演する番組で、毎週、バンドのコーナーがあり、そこでドラムを叩いたことがきっかけで、その後、ガールズバンド“chee's”の一員として、メジャーデビューをすることとなりました🥁音譜
 
私に“ドラムを叩きながら歌う”という初めての機会を与えてくださったり、“作詞、作曲”をする初めての機会を与えてくださったのは、当時、番組のプロデューサーだった、きくちさんでした。
 
今回は、そのきくちPからの作曲依頼。
私の恩人からの依頼なので、短い準備期間であったものの、私なりに一生懸命作曲しました。
 
こちらが、その時のライブのセットリストと台本です。
 
 
 
『明日のあたし』という曲は、“ガチンコ3”の雨宮かのんさんが書かれた歌詞に、私が曲を付けさせていただきました。
ライブでは生演奏で、とっても大人っぽくなっていましたおねがい
 
アンコールで演奏された『晴れるかな』は、『明日のあたし』のデモを提出した後に、自分の中に自然と湧き上がってできた曲。
歌詞なしのピアノだけの音源をお送りしたのは、ライブ本番の3日前。
それから、歌詞を作り、曲のアレンジ、歌の練習。
リハーサル時間を考えると、「今回のライブには、到底間に合うワケがない…」とも思ったのですが、とりあえず、きくちPにデモ音源をお送りしました。
 
すると…
 
栗本柚希さんがなんとライブ前日に5時間で歌詞を書き上げ、音楽監督の小幡康裕さんの鍵盤演奏と柚希さんのソロヴォーカルで、急遽アンコール曲として披露してくださったのですびっくり
 
鳥肌が止まりませんでした。
きくちPの様々な判断と、この速度感。
スゴイ。
 
柚希さんを作詞と練習でライブ前日眠れなくさせてしまったのではないかと、遠く離れた台湾でずっとソワソワしていた私ですが、柚希さんの歌う「晴れるかな」のライブ音源を聴かせていただき、歌い終わった後の会場の皆様の大きな拍手が聞こえた瞬間に、「あぁ、作って良かったんだ」とそっと胸を撫で下ろしました。
 
ライブ前日に歌詞を書き上げ、当日あそこまで歌い上げてくださった柚希さんに、そしてこの曲を披露するために大急ぎで動いてくださった全ての皆様に感謝します。
 
“ガチンコ3”さんはこれまで、高橋研さん、コアラモード.さん、大森靖子さん、尾崎亜美さん、恩田快人さん、浅倉大介さん、武部聡志さん、カジヒデキさん、嘉門タツオさん、奥華子さん、TAKUYAさん等が楽曲を手掛けており、曲の色が全く違っていて、面白いです。
 
そこに、それぞれの魅力的な歌声が乗り、聴いていてとても心地が良い。
作詞は、メンバーの皆さんが曲ごとに担当されています。
 
作曲の話を振ってくださったきくちP、素敵にアレンジをしてくださった小幡康裕さん、演奏を担当してくださった皆様、この短期間で曲を自分のモノにし、バッチリ歌ってくださった“ガチンコ3”の雨宮かのんさん、鈴木萌花さん、愛来さん、栗本柚希さん、この度はどうもありがとうございました。
 
“ガチンコ3”さんの、今後ますますのご活躍に期待しております!!
 
私が書いた楽曲が、これからどんどん育っていってくれたら、いいなぁ。

{8363E795-E6A0-4E68-B394-BC55B704A5A7}


コメント(2)