今日は、木村栄子参議院議員に

多摩市でお会いしてきました。

 

多摩市の立憲民主党、

大野まさき議員にも同席いただきまして。

 

昨年4月の多摩市議会議員選挙で

大野まさきさんの応援に入ったときに

木村さんが多摩市に設立された施設

「自立ステーションつばさ」の前でも

演説させていただいていました。

その際に

木村さんから激励の言葉を

いただいていました。

 

また先日の

「障害者の自立と政治参加をすすめる

 ネットワーク」

の東京足立大会にも

木村さん、お越しくださり、

木村さんが

国土交通委員会に所属しているので

交通面でのバリアフリー化をすすめる

意見交換を中心に、行なっていました。

私は聴覚に障害を持つ立場から

交通面での情報保障に関して

お話させていただいていましたが

「もっと詳しくお話を聞きたい」

とご連絡いただき、

本日の面会となりました。

 

1時間あまりの意見交換。

(もちろん手話通訳付きです。)

 

ここでその詳細を書くことは控えますが

障害を持つ当事者が国会に入ったことの

意味を感じました。

 

木村さんご本人も

その意味を痛感しており、

障害や難病の方々等の代弁者となり

誰もが安心して生活できる

社会の実現に向けて

皆さんとともに、精一杯がんばっていく

決意を、お話しくださいました。

 

とても心強い、仲間だと思いました。

 

意見交換の後は、写真撮影。

 

 

所属政党は違うけれど

そういう垣根を超えて、

今まで障害者運動に携わってきた同志

として、これから連帯できたら、

と思います。

 

 

そういえば、今朝のテレビニュースで。

羽田空港の新ルートでの

飛行確認がはじまっているんですが
品川区視覚障害者福祉協会の方が

インタビューで
「飛行機の騒音で

 音響式の信号の音が聞き取れず
 気づいたときには

 青信号が赤に変わっていて

 困っている。
 信号を渡ることも、

 いまは命がけで・・・」というような

お話をされていました。

 

このことも、木村さんには

お伝えさせていただきましたが

何かあると、

障害者などの社会的に弱い立場の人に

しわ寄せが行くんですよね。

 

そもそもの

羽田空港の新ルートの是非も含めて

検討が必要かと思います。

 

【参考】
羽田空港の新ルート、安全歩行対策を請願

視覚障害者福祉協会会員ら 

品川区議会(点字毎日)
https://mainichi.jp/articles/20180104/ddw/090/010/006000c

 

終わった後は、ランチ。

おいしいものを食べる時は

しあわせを感じます(^^)/

 

 


午後、少し時間があったので

調布に出向いて、深大寺へ。

はじめてのお寺ですが

雰囲気が良かったです。

 

今日は立春。

これから良いことありますように。

お祈りいたしました。

 

 

ご朱印もいただきました。

 

そのあとは

いろいろ所用を済ませて、帰宅。

今日も、いい1日でした(^^)/