回設備機器、さわって動かし徹底チェック その2~藤本銀河 | 中古マンションガイド~藤本銀河

中古マンションガイド~藤本銀河

中古マンション購入の注意点、相場、リフォーム、諸経費などの雑記帳です。藤本銀河


テーマ:

浴室では、シャワー、風呂釜のハンドルやつまみがスムーズに回転するかどうかを実際に動かしてみてチェックします。

 

給湯システムについても、よく概要を読んで理解しておきます。

 

給湯システムには、大別して二つあります。

 

一つは、安い夜間電力利用の貯湯式電気温水器です。

 

夜10時頃から朝6時頃までの安い料金の夜間電気を使って、80度程度の湯をためておくものです。

 

ほとんどが370リットル程度を貯湯していますが、家族数が多かったり、家族の入浴時間が大幅にズレるような生活をしていると足りない場合があります。

 

他の一つは、ガスの大型瞬間湯沸器による給湯システムです。

 

冷暖房についてもチェックします。

 

一般のマンションは、冷暖房は各家族でするようになっていますが、クーラーをつける場合のコンセントとスリーブ(バルコニーと室内をつなぐ小さな穴)の位置を確認します。

 

また、屋外機を1つおいて、室内機を2、3台置くような冷暖房システムの場合は、電気の容量を確認します。

 

また、最近のマンションは、安全管理が大変進んでいます。

 

セキュリティシステムによる親機が備えられ、熱検知機、風呂センサー、ドア・ホーンなど子機により外部へ異常を知らせることができるようになっていたり、ガス事故防止のため、マイコンガス遮断装置も備えられていたりします。

 

これらも、できたら実際に作動させてみて、十分理解しておくとよいでしょう。

 

藤本銀河
 

藤本銀河さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス