“一緒につくり上げる家づくり”でいきましょう! / フジモクの家づくり現場レポート・座談会② | フジモクの家 富士・三島・御殿場の工務店~新築・リフォーム~

フジモクの家 富士・三島・御殿場の工務店~新築・リフォーム~

フジモクは、静岡県東部を拠点に富士ひのきを使用した木造注文住宅をつくっている工務店です。


テーマ:

【“一緒につくり上げる家づくり”でいきましょう!|フジモクの家づくり現場レポート・座談会②】

 

前回に続いて(https://ameblo.jp/fujimokunoie/theme-10093453596.html)、フジモクの家づくりの現場レポートとして営業、設計、施工スタッフ3名の“SNS“誌面座談会をお届けいたします。

 

 

 

(営業・田邉)実はこのお客様の場合、設計面での専門力も必要だったんです。それはうちの社内に適任がいた!ということで、小林が頑張ってくれました。

(設計・小林)私はフジモクの家としての構造ルールを守って、あらゆるご要望の間取りをまとめるのがやりがいなんです。例えば、吹き抜けをつくって広い空間が欲しいと言われれば間取りの中でどうやって柱、梁をかければいいか考えますし、初めて使う建材なら、私たち自身でも性能を確かめる作業をやりました。こんな作業の繰り返しが、次の仕事の自分の肥やしにもなりますからね。

 

(K)初めて使う建材を検討されたとのことですが、標準仕様ではないのでコストの面でお客様の予算におさめていくのが難しかったのでは?

(営業・田邉)そこもお客様があらかじめ本当にしっかり勉強していてくださったおかげで、コストアップにはご理解があったんです。「1.5倍の価格で、1.2倍の性能」という考え方で、気密と断熱の性能を上げることができました。

 

(K)そうですか。まだお話をお聞きしたいのですが、あと少しでお引き渡しの現場があるということなので、一旦インタビューはこの辺りで終了として。

最後に、SNSをご覧になっているこれから家づくりに取り組もうとされているお客様や、フジモクの家のOBのみなさんに向けて一言お願いします!

 

(設計・小林)私は、家はつくるものだと思ってます。プラモデルみたいなものですね。

間取りのことは、なんの心配もいりませんから無理を言ってください(笑)。まとめるのが仕事ですから。新しい家でどんな暮らしがしたいか、使ってみたい建材はどんなものか、一つ一つ吟味して、一緒に作り上げていきたいです。

(施工・平野)なんでもまかせてください!僕たちがどんな無理難題も叶えてみせます!

(営業・田邉)話に触れたお客様は、うちに頼んでくださるまで紆余曲折あり「改めて一緒に家づくりをしてもらえないですか」と僕らに言ってきてくださったんです。「よし、やるぞ!」という気になりましたね(笑)。

私たちはみんな富士に住んでいますから、学校や仕事の先輩、後輩、そしてご縁ということでどこかでつながってるものですね。お客様の「こうしたい!」という声で、お互いにそれを実現させるために頑張っていけるような家づくりに挑戦したい方、お待ちしています。

 

(K)田邉さん、小林さん、平野さん。本日はお話を聞かせていただいてありがとうございました。引き続きフジモクの家づくりを頑張ってください!

 

 

フジモクの家 富士・三島・御殿場の工務店~新築・リフォーム~さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス