冷え性と花粉症の関係性 | 富士美薬局のま~先生のブログ(埼玉県入間市・西武池袋線・武蔵藤沢駅前)

富士美薬局のま~先生のブログ(埼玉県入間市・西武池袋線・武蔵藤沢駅前)

病気への不安を本気で取っ払いたいアナタが、ゆっくり相談できる子宝不妊と漢方薬の専門店

心と体を元気にして、アナタを益々輝かせるお手伝いをします!!


テーマ:

今や国民病とまで言われる花粉症。


しかし、病院で処方されるアレルギー剤や

市販されている鼻炎薬の効き目は、

服用する人によって随分と差があるように感じます。


なぜ同じ薬を服用しても

人によって効き目に差があるのでしょうか。


その要因の一つは体質の違いです。


冷え性や低体温の体質の人の場合、

なかなか良くならずにいた花粉症が

体を温める漢方薬の服用により楽になるケースが多いです。


いったい、それはどういうことなのか…。


例えば、雨が降り水たまりができるとします。


翌日、太陽が出て気温が上がると

水分は蒸発して水たまりは無くなります。


しかし、雨が降った翌日が曇りがちですと

水たまりは残ったままです。


この現象と似たことが

冷え性や低体温の人の体内で起こっています。


冷え性や低体温の人の体内は曇りがちの天候と同じで

太陽のような温めるエネルギーが少ないために

鼻水という水分が蒸発せずに作り続けられたり

溜まりやすかったりします。


ですから太陽のように体の芯を温める漢方薬が

有効になることが多いのです。


鼻水やくしゃみが多い、目が痒いなど

似たような症状でも体質は人によって十人十色。


体質に合った漢方薬で

花粉症を楽にしていくことも宜しいかと思います。


ご興味のある方は当店の

無料漢方相談のご予約をどうぞ。


ご予約はこちらから。

☎04(2962)359



いつも応援クリックあがとうございます!!

今日もポチっと、お願いいたします!(^^)!

↓↓↓

富士美薬局を利用いただいているお客様の多い地域

入間市・狭山市・所沢市

川越市・飯能市・日高市

青梅市・羽村市・あきる野市

東大和市・立川市・西東京市

東久留米市・練馬区・豊島区

ま~先生(埼玉の漢方薬剤師)さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

    ブログをはじめる

    たくさんの芸能人・有名人が
    書いているAmebaブログを
    無料で簡単にはじめることができます。

    公式トップブロガーへ応募

    多くの方にご紹介したいブログを
    執筆する方を「公式トップブロガー」
    として認定しております。

    芸能人・有名人ブログを開設

    Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
    ご希望される著名人の方/事務所様を
    随時募集しております。