富士美薬局のま~先生のブログ(埼玉県入間市・西武池袋線・武蔵藤沢駅前)

病気への不安を本気で取っ払いたいアナタが、ゆっくり相談できる子宝不妊と漢方薬の専門店

心と体を元気にして、アナタを益々輝かせるお手伝いをします!!


テーマ:

卵子と精子が受精して受精卵ができるところからすべてが始まる…


これは多くの方が知っていることでしょう。


しかし、その卵の認識については、かなり錯覚があります。


まず、卵のもと、『原始卵胞』と言われるものは、

女性がまだ胎児のうちにすでにできています。


つまり皆さんが胎児としてお母さんのお腹の中にいるときから、

皆さんのお腹の中の卵は、すでにちゃんとできています。


そして、いったんできたら、

それ以降は細胞分割して数が増えることができないという、

非常に特殊な細胞です。


ですから単細胞のまま、一度できたらあとは数が減っていきます。


卵は妊娠5ヶ月~6ヶ月の胎児のころが一番多く、

500万個とか700万個あると言われています。


ところが、「おぎゃ~」と生まれるときには、

すでに200万個くらいに減っていて、

思春期、すなわち生殖年齢に入ったころで

10万個から、30~40万個くらいになっています。


思春期以降も1ヶ月に1000個くらい減ると言われています。


つまり、毎日何十個減っていくのです。


一定年齢に達して生殖のためのプログラムが起動し始めると、

この卵胞を刺激するホルモンが出はじめ、

ホルモンの刺激を受けて、

卵胞はだんだん成長・成熟して大きくなります。


いちばんもとの原始卵胞からだんだん成熟して大きくなるのに、

だいたい80日かかると言われています。


そして中でも一番成熟した大きな立派な卵胞、

『主席卵胞』の中の1個だけ、

卵胞を突き破って卵巣の外に飛び出します。


これが排卵です。


主席卵胞の名の通り、最も優秀という意味です。


残りはしぼんでいきます。


こうして一生に排卵される卵は月に1個、

1人の女性の生涯でせいぜい400~500個と言われています。


卵子は毎月卵巣の中で新しく生まれて成長するものと思っている方、

月に1個しか卵を消費しないと思っている方は、実は間違いです。


このように卵は、限られた貴重なものです。


原始卵胞から80日かけて成熟するのですが、

質の良い卵に成熟させることがとても大切です。


そのためには、漢方という自然の力を借りることが

とても有効であることをぜひ知っていただきたいと思います。



いつも応援クリックありがとうございます!!

本日もポチっと、お願いいたします!(^^)!

↓↓↓

人気ブログランキング

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

ま~先生(埼玉の漢方薬剤師)さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。