こんにちは、東京都世田谷の変圧器・トランスの設計・製造・販売の「富士見電機製作所」スタッフです。

 

昔はよくレコードを買いにお世話になったRECOfan。

 

閉店することは半年くらい前から知っていたのですが、やはりなくなると寂しくなりますね。

 

昔は渋谷に行った際には用もなくお店を訪れて、レコードを掘り漁ったり旧型のアンプや機材を見たりしてました。

1990年代後半から2000年代前半は渋谷の街を歩いていると、結構多くの若者がレコード袋や週末夜になるとレコード箱をキャリーで引いて円山町や宇田川町方面に移動する光景も目にしましたが、今やほぼ見ない光景ですね。

 

RECOfan自体は1981年に下北沢に1号店をオープン。1983年には渋谷に進出して渋谷エリアだけでも最大5か所に出店するというレコード業界ではなくてはならないお店でした。ホームページを見てみる限り、現在は「秋葉原SEEKBASE店」(2020年10月1日オープン)のみが営業しているようで、武蔵小金井にもオープンの準備をしているそうです。

 

渋谷RECOfanは37年間移転などがありましたが、レコードだけでなくCDやアーティストグッズ、機材など含めると約50万点の在庫をもち、お世辞にも見やすいレイアウトや陳列ではなかったですが、「昔ながらの」雑多な雰囲気で倉庫の中からお気に入りの商品を探し出す、一種の宝探しのような感覚になれるお店でした。

 

ジャンルもポップやロックやジャズからクラシックやワールドミュージックと多岐に渡って揃えてあり、最近は50~60代のお客様が多く来店されていたようです。やはり今回の閉店には新型コロナウイルスの影響もあるようで、本当に悲しい思いです。

 

今後はRECOfan秋葉原SEEKBASEと買取センターの営業を行っていくようなので頑張って欲しいものです。

 

くしくも今年の9月には全米レコード協会(RIAA)が2020年1~6月のレコード売上が1980年代デジタル音楽が普及してきた以降初めてCDの売上を上回ったと明らかにしたこともあり、レコードファンとしては本当に悔しいです。

 

------------------------------
株式会社 富士見電機製作所

〒158-0095 東京都世田谷区瀬田4-23-2
tel.03-3709-6810 / fax.03-3700-4453

公式ホームページ
https://fujimi-ele.co.jp/
----------------------------