こんにちは、東京 世田谷の変圧器・トランスの設計・製造・販売の「富士見電機製作所」スタッフです。


トヨタ自動車は7月7日、高級車ブランド「レクサス」の主力セダン「LS」の新型モデルを発表したそうです。



高速道路や駐車場で速度調整やハンドル操作などを支援するという、最新の高度運転支援技術を採用しているそうです。



一部改良したという新型LSは、レクサスの最上級モデルとして追求してきた“静粛性”と“乗り心地”を大幅に向上させたそうです。



サスペンションの改良によって室内に伝わる振動を抑えたほか、シート表皮の縫い位置をより深い位置に変更するなどの改良で、振動をより吸収できるようにして、座り心地を高めたそうです。



そして、最新の高度運転支援技術「Lexus Teammate」では、高速道路などの自動車専用道路で、交通状況に応じて認知や判断、操作を支援。車線・車間維持、分岐、レーンチェンジ、追い越しなどをドライバー監視のもとで制御して、出口までの安全運転を支援するのだとか。


自動運転のキッカケになり得る支援技術ですね。
 

 

弊社では、電源メーカー様向けに変圧器の設計・製造・販売を行っております。
お客様のご希望に合わせた仕様・納期・価格に対応可能です。
変圧器のことでしたら富士見電機までお問い合わせください!


------------------------------


株式会社 富士見電機製作所

〒158-0095 東京都世田谷区瀬田4-23-2
tel.03-3709-6810 / fax.03-3700-4453

公式ホームページ
https://fujimi-ele.co.jp/


----------------------------