こんにちは、東京 世田谷の変圧器・トランスの設計・製造・販売の「富士見電機製作所」スタッフです。


東京都の小池百合子知事は30日、都庁で臨時記者会見を開いて、新型コロナウイルスの感染状況を把握するための新たなモニタリング指標を発表したそうです。



従来の休業再要請や「東京アラート」を発出する具体的な数値基準は設けずに、感染防止と経済活動との両立を図るそうです。


新指標は大まかに2つに分類されるそうで、項目は前回と同じ7つです。



「感染状況」の観点からは3項目で、1週間平均の「新規陽性者」「感染経路不明者」に加えて、「東京消防庁における発熱などの相談件数」を盛り込んだのだとか。



また、「医療提供体制」の観点においては、「検査の陽性率」「救急医療の東京ルールの適用件数」「入院患者数」「重症患者数」の4項目になるそうです。


ウィズコロナと言われる今の時代に、果たしてこの新指標がどのような役割を担っていくのでしょうか。
 

 

弊社では、電源メーカー様向けに変圧器の設計・製造・販売を行っております。
お客様のご希望に合わせた仕様・納期・価格に対応可能です。
変圧器のことでしたら富士見電機までお問い合わせください!


------------------------------


株式会社 富士見電機製作所

〒158-0095 東京都世田谷区瀬田4-23-2
tel.03-3709-6810 / fax.03-3700-4453

公式ホームページ
https://fujimi-ele.co.jp/


----------------------------