こんにちは、東京 世田谷の変圧器・トランスの設計・製造・販売の「富士見電機製作所」スタッフです。


6月18日は2016年12月の国連総会で制定された国際デーの一つ、『持続可能な食文化の日』という記念日なのだそうです。


この国際デーは、持続可能な開発の目標を達成するために、持続可能な食文化への人々の意識を高めることを目的としているそうです。


持続可能な食文化は、農業開発や食の安全、栄養、持続可能な食料生産、生物多様性の保全を促進する役割を果たすそうです。


また、地元の生産者とのつながりを作って、貧困の削減や資源の効率的な使用、環境保護、文化的な価値や多様性の保護に貢献するのだとか。



この日は、これらの役割に注目し、持続可能な食文化の必要性を強調するための日であるそうです。


国連総会や国連教育科学文化機関、国連食糧農業機関は、加盟国や国連機関、その他の国際機関や地域機関と協力して、この国際デーを促進するよう働きかけているのだとか。


日本でも、この働きかけは行われているのでしょうか??


是非調べてみて下さい。


 

 

弊社では、電源メーカー様向けに変圧器の設計・製造・販売を行っております。
お客様のご希望に合わせた仕様・納期・価格に対応可能です。
変圧器のことでしたら富士見電機までお問い合わせください!


------------------------------


株式会社 富士見電機製作所

〒158-0095 東京都世田谷区瀬田4-23-2
tel.03-3709-6810 / fax.03-3700-4453

公式ホームページ
https://fujimi-ele.co.jp/


----------------------------