こんにちは、東京 世田谷の変圧器・トランスの設計・製造・販売の「富士見電機製作所」スタッフです。


アルコール消毒液の代替品として、酒造会社が相次いで高濃度アルコール製品を発売する中、そのラベルにちょっとした変化が起きているそうです。



4月に発売した製品は「お酒」と書かれていたそうですが、5月に入ってから「飲用不可」とする製品が増えたそうです。


この変化の理由として、酒税があるそうなのです。


例えば、小売価格が1200円のお酒のうち、385円が酒税になるそうなのです。


手指消毒のために高濃度アルコールを大量に消費する医療機関には負担が大きいのだとか。


この問題を受けて、高濃度エタノール製品に該当する酒類のうち、一定の要件を満たし、飲用不可の表示を施したものについては酒税を課さないというルールに変更になったそうです。


これにより、本格的に高濃度アルコール製品が新型コロナウイルス対策のための手指消毒用、除菌用に使用されていきそうですね。
 

 

弊社では、電源メーカー様向けに変圧器の設計・製造・販売を行っております。
お客様のご希望に合わせた仕様・納期・価格に対応可能です。
変圧器のことでしたら富士見電機までお問い合わせください!


------------------------------


株式会社 富士見電機製作所

〒158-0095 東京都世田谷区瀬田4-23-2
tel.03-3709-6810 / fax.03-3700-4453

公式ホームページ
https://fujimi-ele.co.jp/


----------------------------