初春のお稽古場は、舞台も晴れ着を。。☆ | 大田区で日本舞踊教室を開いています 藤間勘麗恵のブログ

大田区で日本舞踊教室を開いています 藤間勘麗恵のブログ

東京都大田区・大森(駅・徒歩近く)で日本舞踊教室を開いています 宗家藤間流師範 藤間勘麗恵のブログです。


テーマ:

 

新たな年には、 晴れ着を着て 神社仏閣に初詣に参ります。。

 

 

 

 

 

 

 

お稽古場も、一年に一度金屏風を飾り、 舞台にも晴れ着を着せて 新年を寿ぎます ♪

 

 

 

 

 

 

今年は 金屏風の側に 懐かしい師匠のお宅のお揃いを衣桁に掛けてみました。。

 

 

 

 

 

 

 

何度も袖を通した・・・、紋付の着物です ♪

 

柄は、お目出度い 『松・竹・梅』。。

 

 

 

 

 

 

 

 

帯は、ご宗家のお揃い 此れもお目出度い  『七宝柄』で七色の宝と言われています(左)

 

 

 

そして、伝統柄・古典柄の 『吉原つなぎ』 鎖状の柄は、吉原に入ると抜け出すことが出来ない…と言う意味があるのですが、

 

 

 

今は、 『縁』が繋がり、切れない様に・・・と、縁起が良いと言うそうです。。♪

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

お正月の月は、 改まった気持ちで お稽古出来そうです・・・♪

 

 

 

 

 

 

 

 

 

藤間勘麗恵さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス