ファッションプラザふじや健ちゃんのクスッと息抜きブログ

長野県千曲市のセレクトショップ「ファションプラザふじや」三代目社長・健ちゃんのブログです!

NEW !
テーマ:
先日すごはんまっす〜の180人POPセミナーのお手伝いをさせて頂いた時にこんな助言をいただきました

ふじやさんはファッションのお店だからPOPは同じ色で統一した方が見やすい上オシャレになると思うよ(^ ^)

そこで夕方スタッフにバックと靴に統一した紙でPOPを書いてもらいました




おしゃれな紙でしょ(^ ^)







POPの内容は少しずつ手直しするとして、こうやってすぐにサッと書いてくれるところが嬉しいです♪

お手伝いしたPOPセミナーでは



今時の若い人が目立ちました。そんな彼らが一生懸命POP作りに励んでいます



どう書いたらお客さんに自店の商品の魅力を伝えることが出来るのかと言うことも1番重要なことですが皆さんが書いてる姿を見て私が一番に感じた事!そして私との共通点が

楽しんでるーーーーーー!!

でした



今日のPOPを作る時もお客さんの反応考えるとメッチャワクワクしました。開店前で時間がないのでその辺にあったメモ用紙を使って一気に書いたくらい(^ ^)




裏です(≧∀≦)



そしてこちらも内緒にしておこうと思ったんですけど

スタッフに書いてもらったPOPも

実はこの紙袋の裏側を使ったんですーーー(≧∀≦)



こうやって工夫して楽しむ事大好きです!


でも、今度休みの日に画用紙買って来まーーーーす(^ ^)


テーマ:
このバック種も仕掛けもありませんがいっぱい思い出が詰まっています



さてどうすれば沢山の思い出を入れることができるのでしょうか。それはね、長く使える丈夫なバックを探すしかありませんね

雨に当たっても地面においてもへっちゃら♪

その上、何処か壊れたら直してくれるバックを選ぶことが大事です

明日から始まるバックの即売会ですが日本の職人さんが丁寧に作っております。長く使っていれば金具が壊れたり角が擦り切れたりなんてことが多々あると思います。でもそんな時も出来る限りの事は職人さんに見てもらってからお直しする事が可能です

使い捨てバックなんかじゃぁ思い出つまらないですもんね

思い出と言っても1人それぞれいろいろあると思います。あの頃仕事頑張ったなぁと言うのだって思い出です

その思い出を入れるのは自分自身ですから沢山入れちゃいましょうね

さて今回のバック展のバックの中から私とセイコ店長のお気に入りを紹介したいと思います

まず私のお気に入りから



黒のトートです



私は1年中白いトートバックを使っていたのでこの大きさのバックの使い易さはよくわかっています。東京に仕入れに行く時も荷物がすっぽり入って楽ちんなんですよ



ファスナーが付いてますから混雑した電車に乗っても安心です



中は結構広いですね


27,000 +税です

色違いで白がありますが金曜日に入って来るので色だけ下のバックでご覧ください



セイコ店長の気になるバックもやはり東京に仕入れに行くときに持って行けるようなバックでした



雨が降っても大丈夫なようにしっかりした生地のもの選んでいました



ファスナーを開くと中が全部見渡せるので忙しい時は勝手が良さそうです


32,000+税です
色は黒があります

それとこれは母が毎日持ってますがお財布ショルダー



お財布の中と同じ構造になっているので病院など片手に杖を持っている母にはとても助かったみたいです



診察券でもカードでもお札も小銭も普通のお財布と同じように入りますし加えてハンカチやお薬なども余裕で入っちゃいます



他にも色々ありますよ
29,000 +税です



それから気になるのはこの小さなお財布なんですけどこれが結構使い勝手良さそうです



両側に開け口があって一方を開けると名刺やカード入れ



その内側にはお札が入れられます



反対側を開けるとたっぷり入る小銭入れが(^ ^)



色3色です。12000円+税



パンツのポケットに入れて持ち歩きたい人なんかには最適です


この写真を撮ったのは日曜日です。もうすでにこの2点が予約に入っています

私とセイコ店長のオススメのバックです



他に色違いもあります。気になる方は問い合わせください。

冒頭で私が持っていた思い出のたくさん詰まったバックも展示してあります。売り物ではありませんけどね(^ ^)




ファッションプラザふじや
電話番号026-275-0123



テーマ:
昔からの繋がりって大事だなって思います

{DEB7AACC-F553-4C2A-9702-AC6B875CDE16}


先日親戚のおじさんが亡くなりました

祖父の代からずっとお世話になっていたおじさんです。奥さんと父と4人でゴルフに行ったこともあります。何よりふじやのファンです。

今もずっとその関係は続いています

その深い関係があったからこその嬉しい出来事があったので今日は皆さんに紹介したいと思います

昔ふじやは親戚のお葬式などあると必ず引き出物の注文が来て家族総動員で夜なべで包んだものです。ギフトを扱う問屋さんもその頃は長野市に何件もあり前日注文すれば必ず翌日には間に合わせてもらい弔問客のお返しもその問屋のスタッフが切り盛りしてくれました

時代が変わって各地区にチェーン展開の式場ができてからはふじやを通して引き物を引くといった習慣は無くなりました。そして地方問屋の相次ぐ倒産でふじやも引き物部門から手を引かざるをえ終えませんでした


今回もお亡くなりになったと聞いて最後までお手伝いしたいなという気持ちはありました

皆さん忙しい中で着々と段取りが進んでいると思いあえて声をかけずにいました



すると

亡くなった翌日忙しい合間をぬって奥さんと娘さんでふじやに来て引き物をお願いしたいっていうじゃありませんか

持込み料金を払ってでもふじやさんに絶対頼もうと思っていてくれたんですって

嬉しいですね


それからはかつてのような忙しい現場が戻りました


{AB236059-A1D5-4241-94C1-3412143C6A7C}


スタップそれぞれのテーブルに別れ

{BB8FC422-E599-45C4-B15D-52FE0D69EEC1}


丁寧に心をこめてかつ手早く包んでいきます

{F5F59EB9-2CB4-4CD6-B080-5811C9C95B56}


あまり忙しがって時にはこんなのも出たりして(私です笑笑)

{16393649-8BF4-4291-8371-BE27988CE9FF}


時間との勝負ですから

{DBF5504A-3F2F-4BD8-BA87-7B8A9CE85378}


でも、焦らずいこう

{A54FE290-E9C6-4FA3-A39A-0A52DA9D6666}


最後にのし紙をつけて終了です



商品をきちんと納めるまでは気を抜くことができません

{E1AE3D92-A320-4F2B-A647-0876377C3E57}


久しぶりにお葬式の引き出物を納品して思った事はふじやはお客さんが生まれた時から亡くなるまでずっと関わってるんだって事に改めて気づかされました

お祝いとか嬉しい時だけではなく悲しみも一緒に寄り添い生きていく

なんて素敵な仕事なんだろう

だからなおさら皆さんの喜ぶ顔を見るために私たちは日々勉強し、がんばっていきたいと思いました

ご冥福をお祈りいたします