今では知らない人がいないほどの「体脂肪計」

歴史としては意外と短く、ようやく30年たつかなというくらい

 

ライザップよりも何十年も前

本社のある板橋区

そんなローカルな場所で

 

健康運動指導士×管理栄養士×医師

この3者で健康管理をするという高額のジム

ベストウェイトセンターがスタート

 

月に30万円という金額

住宅地という立地もあり

まったく流行らず

ずっと赤字を抱える部署であった

 

ここにいた医師より

体重ではなく脂肪が大事と指摘を受ける

 

ここで社長である父親は衝撃を受けた

 

当時はダイエットというと体重と言われている時代

この一言でシフトをチェンジ

脂肪を測る製品を作ろうとなった

 

その特許の取得に2千万円

ようやく赤字を抜けたか?という会社が出すにはだいぶ苦しい

 

取締役はもちろん全員反対

この間お会いした元取締役の経理を任されていた方

そんな状況の中、2千万円出して欲しいと社長より直々のお願い

 

何かわけの分からないものに

2千万円・・・

 

会社がまた傾きかねない金額に

当時はだいぶ考えた

 

だが、社長を信じやってみるかと

銀行をまわり、資金を工面

 

赤字を脱却した手腕も買われていて

意外にも?銀行さんも大喜びだったそうだ

 

そしてその技術を使った製品開発が始まり

いろいろあったが

完成にこぎつける

 

当初はどうやっても高価格のものしか出ない

一般消費者には手が出ない価格帯

とにかく業務用モデルが完成

\45万円

 

研究、開発の試行錯誤

ようやく出来上がってきたのが

\4万5千円

これには2年費やしている

 

これでもまだまだ高い

当時の体重計は5千円もしなかったこともあり

期待したほど売れなかった

 

また1年後

更なるコスト削減の結果

\2万円代が出来上がる

 

この価格になった途端

爆発的に大ヒット

 

テレビや雑誌でも取り上げられ

売れすぎて工場の生産が間に合わないほどの製品となった

 

ちなみに、このネーミングも父親

しぼうと聞くと、死亡を思い浮かべるため

そこに、体をつけて

体脂肪とした

 

その体脂肪を測る機器のため

「体脂肪計」

今ではその体脂肪と言う言葉自体も浸透し、ごくごく一般的となった

 

当時は皆が体脂肪という言葉自体になじみがなく

まずは啓蒙と認知から始まった

 

特許、意匠、マーケティング

単なるメーカーが初めておこなうこと

いろいろと失敗もあった

 

赤字の時

ブームとなった時

周囲の変化

社員の変化

目の当たりにした

 

会社は人・・・なるほどなぁと思う

 

社長の息子と言う特異な立場で

とても貴重な経験をさせてもらった

 

このあと、赤字の会社が

体脂肪計を武器に更なる高みを目指す!

(次回につづく)

 

メルマガでは

各成功事例、失敗事例

その分析もお伝えしています

 

有名企業や大企業もあり

社名が出せないマル秘情報もあるので

いま、新規事業を検討している方には

ぜひ知っておいてもらいたく思います

 

ご登録はこちらより

https://fuji1018.xsrv.jp/newbusiness_method/