2020年7月 ゆふいんの森乗車記録 | 風かおる 鉄の路
新型コロナウイルスに関する情報について

風かおる 鉄の路

主に私が乗車した乗り物関連(鉄道中心)、その他気になったことを綴っていきます。

2020年7月は九州の鉄道にとって試練の月となってしまいました…

九州を襲った集中豪雨により7月4日に肥薩線では球磨川第一橋梁・第二橋梁の流失、複数箇所の土砂流入、人吉駅の浸水(留置車両の浸水)、くま川鉄道では球磨川第四橋梁の流失、保有車両のすべての浸水、肥薩おれんじ鉄道では複数箇所の土砂流入、道床流失が発生。

さらに7月7日は久大本線豊後中村~野矢間の第二野上川橋梁の流失が発生しました。

 

新型コロナウイルス感染症拡大防止のため、4月23日から6月18日までD&S列車がすべて運休しており、やっと運行再開という矢先に起こったこれらの災害。

私自身も非常にショックでした。

 

特に久大本線は2017年の九州北部豪雨で光岡~日田間の花月川橋梁が流失して約1年間運休が続いており、復旧からまだ2年しか経っていません…

このときは運休期間中に「ゆふいんの森」を博多~由布院間で日豊本線経由での迂回運行を行っていましたが、通常よりも所要時間が大幅に長くなったため利用客は少なく…

 

この記事を執筆している段階ではまだ久大本線の運転計画は発表されていませんが、いずれにしても観光に大きな影響を与えるのは言うまでもありません。

 

さて、今回はこの災害が起こる直前の2020年7月2日にゆふいんの森で博多~由布院間を往復した乗車記を書いていきたいと思います。

 

なお、これは私自身が乗車したものではなく、私の家族が乗車しており、写真を提供してもらって執筆するものです。

写真の使用許可はもらっておりますが、私自身が撮影したものではないのでこの記事の写真はすべて二次利用は許可できませんのでご了承ください。

また乗車当時、私の家族は当ブログに写真を提供することを予定していなかったため撮影枚数は少なく、そのため掲載枚数も少なくなります。

これらをご理解の上ご覧ください。

 

7月2日、9時過ぎ。博多駅5番ホームにはゆふいんの森1号が停車していました。

所定ではキハ72系5両編成ですが、検査入場しているため、普段は3・4号に入っているキハ71系4両が運用に入っていました。

2020年3月のダイヤ改正からキハ72系が検査の際にはキハ71系を1・2・5・6号の運用に入れ、なるべくゆふいんの森の運行本数を確保する体制が取られています。

 

改正前はめったに見られなかった幕式の「ゆふいんの森 由布院」表示も見れる日が増えています。

 

車内の写真です。

平日ということもあるのでしょうが、乗客は極端に少なく、この車両は私の家族1人のみだったそうです…

 

人のいないボックスシートの写真を撮ってくれていました。

本来なら家族連れがまっさきに予約する座席なのですが…

 

こちらはキハ71系の特徴とも言えるサロン。

皮肉なことに人がいないのでこうしてゆっくり撮影することができます。

 

この日は晴れていて、伐株山もきれいに見えていたようです。

 

豊後森停車中の画像がありました。

この先の区間が今回の災害で被害を被った区間ですが画像はありません。

 

由布院に到着しました。

 

現在の由布院の様子ですが、土日は人通りも回復傾向なのですが、平日であるこの日はほとんど観光客の姿は見られなかったそうです。

 

そのため、多くの店で平日休業または営業時間短縮を行っています。

 

写真の天井桟敷もお休みだったそう。

 

かなりの店がお休みの中、訪れたのがこの「みっふぃー 森のきっちん」。

2019年10月31日にオープンしたお店で、私も3月に訪れました。

 

 

店内はミッフィーだらけ。

ミッフィー好きにはたまらないと思います。

 

ミッフィーと一緒に由布岳を撮影できるスポットもあるらしいです。

 

ミッフィーの顔が描かれたミルクティーを飲んだようです。

私も次回は試してみたい…!

 

他にも由布岳がきれいに見える「城橋」というスポットを訪れたそう。

こちらゆふいんの森の客室乗務員おすすめの場所らしいです。

 

帰りはゆふいんの森6号で。

こちらも1車両3人とガラガラな状態…

 

そのためか、客室乗務員とお話する機会があったそうです。

客室乗務員のお話によると、運行休止前の4月は土日含めほとんど乗客がおらず、弁当等も所定量積み込んでもほとんど売れ残るという状態だったそう…

再開後はお弁当の販売は休止、2日前までに予約すれば購入可能なようです。

 

土日はある程度乗客は乗っていますが平日はガラガラで由布院の街にも観光客があまり戻っていないため、早く感染症が収束してほしい、とのこと。

10月に運行開始の36ぷらす3の話題も出たようです。

 

 

これから少しづつ観光客も戻ってくるはずだったのに…

コロナに加え今回の橋梁流失…

まさに不運続きです。

 

しかし、ゆふいんの森は何度も障害を乗り越え、運行を継続してきました。

今回の災害もきっと乗り越え、再び元気な姿を見せてくれると私は信じています。

 

それでは。

 

★列車データ

7001D 特急ゆふいんの森1号 由布院行き 博多(9:24)→由布院(11:36) キハ71系

7006D 特急ゆふいんの森6号 博多行き 由布院(17:0717:23)→博多(19:2019:30) キハ71系

※11:45頃湯平-南由布間で4830Dの車両点検を行った影響で遅延

※2020年7月2日運行分

 

関連記事

前回の災害で迂回運行を行ったゆふいんの森の乗車記です。

 

関連記事②

D&S列車運休時に、今回被災した肥薩線を走っていた臨時普通列車の乗車記です。