楽しく投げ釣り、マジに投げ釣り

所属する投げ釣りクラブ「西大阪サーフキャスティングクラブ」の月例会の釣行記事や、その他、投げ釣りのネタをメインに書いていきます。

NEW !
テーマ:

 12月10日(日)に、今年最後の公式行事となる、「大阪兵庫合同納竿大会」が開催され、西大阪サーフも月例会を兼ねて参加しました。

 

 当日は、明け方に強い冷え込みがあったものの、夜が明けてからは暖かい日差しを浴びることが出来て、比較的過ごしやすい釣り日和になったと思います。このブログを書いている12月11日(月)は、冬型の気圧配置が一気に強まり、今年一番の冷え込みが近畿地方を襲いました。北西風もかなり強く、日中の最高気温も1ケタという有様。釣行が1日ずれていれば大変なことになっていたかも?とは、大野会長談です。ま、兵庫協会、大阪協会の会員の皆さんの日頃の行いが良かったってことで(^^; 

 

 それでは、大会および月例会の結果をお知らせしましょう。

 

 優勝は・・・・・

 

 ふむ、いつものように(^^; 

 永沢さん(^^) 

 

 準優勝は・・・・・

 新進気鋭の野島さん。野島さんは・・・・・

 他魚の部でなんと準優勝です!

 

 第3位。

 久しぶりのこの笑顔!! 大鹿さん(^^) 

 

 大鹿さんは・・・・

 本賞の第15位。

 

 第4位は、近頃伝説のコブ師との呼び声が高い・・・(^^; 

 沢木孝さん。 で、孝さんは・・・・・

 他魚の部で、第4位です。

 

 あ、肩口の背後霊は、気にしないでください(^^) 

 

 第5位は・・・・・

 和田さん。

 

 第6位は・・・・・

 山本勝宣さん。

 

 第7位・・・・・

 岡本さん。

 

 岡本さんは・・・・・

 本賞22位。

 

 第8位。

 森岡さんで、本賞24位。

 

 ま、こんなところでしょうか。(あのぉ、次は僕なんですが・・・・・(^^; )

 

 あ、そうそう、西大阪サーフ名物の・・・・・

 

 

 10位飛び賞は久本さん(^^) 久本さんは、本賞32位。ちなみに、写真にはありませんが、川上さんが、本賞33位でした。

 

 そして・・・・・

 

 ブービー賞は、廣瀬さんでした(^^)/

 

 検寸風景を少し・・・・・

 西大阪サーフでは、月例会の検寸は、前回月例会の優勝、準優勝の2名が行うことになっていますが、何となく毎回この方が検寸している気がするのは気のせい・・・・? (ちなみに、もう一人は私だったんですよ(^^; )

 

 そして・・・・・

 検寸と表彰の後は、毎回きっちりと大野会長の訓示があります(^^; 

 

 夜の集合も・・・・・

 ルール等をしっかりと打ち合わせします。

 

 趣味のクラブと言ってしまえばそれまでですが、団体としてきっちりとした責任ある行動がとれるように、このような体制はしっかりとしています。

 

 さて、これで今年度のクラブ公式行事は、今週末の忘年会を残すのみとなりました。クラブの役員の皆さんは、これから年末にかけて会計監査やペナントレースの集計など、忙しさがピークとなります。そして、また年が暮れていく・・・・・・

 

 1年経つのは早いですね。

 

 まあ、気持ちを入れ替えて来年もまたクラブ員一同、頑張りましょう!!

 

 最後に、月例会の成績表です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

AD
いいね!した人  |  コメント(1)  |  リブログ(0)

テーマ:

 1週間遅れの記事になりますが、前回「つづく」みたいな終わり方をしてしまったので書きます(^^) 

 

 

  これです。

 

  活かして持ち帰った、ある「食部門的美味」のことですが・・・・・

 

  実は、このブツを持ち帰った日、大阪協会の大物名人戦だったのですが、私はクラブの山本さんと岡崎にてカレイ狙いをしました。二人とも、カレイを釣りたいとの意見が一致してのものだったのですが、残念ながら二人とも激チ~ン(>_<) それでも、アナゴやキュウセンを持ち帰って、それなりのお土産は確保しました。

 

 そして上のブツです。

 

 私がゲットしたものではなく、山本さんがゲットした、この獲物の正体は???

 

 オニオコゼです。しかも、25㎝オーバーの、オニオコゼとしてはかなりの大物(^^)  私も何度かオニオコゼを釣ったことがありますが、こんな大物を見るのは初めてです。山本さんが釣り上げたのですが、「矢野さん、いりませんか?」ということで、ありがたく頂戴しました。毒バリがある背びれは、釣り上げた際に山本さんがご丁寧にハサミで切ってくださっていたので私は調理するだけ、と至れりつくせり。

 

 実はこのオコゼ、山本さんがブクブクを使わずに海水を入れたバッカンに活かしてクーラーボックスに入れて持ち帰り、審査会場で私のバッカンに入れ替えたのですが、帰宅するまでしっかり活かして持ち帰ることができました。生命力がたくましい魚です。

 

 ご存じと思いますが、オニオコゼは超がつく高級魚です。口にできる機会はめったにあるものではありません。この日、残念ながらカレイを釣ることはできませんでしたが、このおみやげのおかげで、意気揚々と帰宅してしまいました(^^; 

 

 やっぱり、食部門あっての釣りですな(^^) 

 

 

 オコゼと言えば、エラ以外はすべてが珍味と言える味ですが、今回は2品作ってみました。

 

 オコゼは身がプニョプニョとしている割にしっかりとしているので、刺身包丁が通りにくくって

切り方が???になってしまいましたが、とりあえず薄造り(^^;

 

 そして、胃袋や皮を含め、残りは味噌汁に・・・・

 

 何とも言えない出汁が出て、ゼラチン質の皮とコリコリの胃袋、ホクホクの身がとってもおいしかったです。

 

 もう、しばらくオコゼなって食べられないだろうな。

 

 いつかまた釣り上げて、食べたいと思います。

 

 そして、その他の食部門としては、

 

 おいしそうなキュウセン。20~22㎝くらいの青ベラです。我が家はキュウセン好き(^^) 

 

 塩焼きにしました。レモンを絞って、最高の酒のアテになります。

 

 そして、

 アナゴはフライに。煮アナゴや天ぷら以外を食べてみたくて(^^) 

 

 それと、最近は私の勤務の関係で、平日の夜に魚さばきができないもので、冷蔵庫に魚屋さんを開業しました(^^) 

 

 ほら、魚屋さん(^^; 真空チルドルーム内にありますよ。

 

 こうしておけば、私がいなくても妻が魚を選んで、おかずを作ることができるんです。

 

 これ、結構妻にウケたので、次回からも魚屋さんを営業したいと思います(^^)

 

 魚屋さんに行けばわかりますが、結構魚も高価なんです。釣ってきたお魚は大切に食べなければ、と思っています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

 11月26日は、大阪協会の大物名人戦が淡路島~四国にて開催されました。

 

 とりあえず、速報です。

 

西大阪サーフが誇る大物氏、永沢名人が、コブダイ70㎝とニベ48㎝を釣り上げ・・・・

 

 準優勝!!

 

 惜しくも優勝は逃しましたが、永沢さんが有言実行で高確率で大物をゲットするには、それ相応の裏打ちされる技術、忍耐力に加えて、情報網の広さがあるんですね。イメージ通りの釣りが出来たようですよ。

 

 永沢さん、おめでとうございます。

 

 え? 私??  一応資格を持っているので参加しましたが・・・・・(^^; 

 

 それはともかく・・・・・

 

 ちょっと普通ではゲット出来ない、「食部門的超美味」を手にいれました(^^) 

 

 さて、何をゲットしたのか? 詳細は後日に!!(^^)/

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

 ↑このタイトルのブログ記事は久しぶりですね(^^; 何せ、9月、10月と2回も台風の影響で月例会が流れて、2ヶ月連続の月例会中止というのは、西大阪サーフ始まって以来の珍事とか。ということは、クラブの歴史とほぼ一致する全日本サーフや大阪協会の歴史の中でも、もしかすると初めての珍事なのかもしれませんね。とにかく、3ヶ月ぶりの月例会ということで、あまり普段では起こりえないことがたくさん(^^) 

 

 淡路サービスエリアで、クラブの検寸を行ったときのこと……

 

 ① 永沢師匠  シンプルに……「あ、検寸台忘れた(^^;」 

   まあ、上手の手から水がこぼれたようで(^^) 

 → ふぐたろう’s クーラーボックスが、急きょ検寸台として使用されることになりました(^^; 

 

 ② 西大阪サーフでは、前回の月例会の優勝者が検寸、2位が記録をすることになっていますが……

   大野会長「前回の優勝は、誰やったっけ?」

   他のクラブ員A「誰やったっけかな?」

   他のクラブ員B「おい、誰や誰や……?」

   大野会長「あ、俺や(^^;」

 

 まあ、それほど「前回」の月例会が遠い過去だったっていうことです。8月のクソ暑い日でしたから(^^; 

 

 でわでわ、月例会の審査と表彰の様子を……

 

  場所によっては、キュウセンなどのエサ取りが多かった模様です。おそらく水温はまだまだ高いものと思われます。

 

 

 その中でも、何枚かのカレイが釣れていました。

 

 川上さん、マコガレイ30㎝。

 

 野島さん、イシガレイ39㎝。

 

 

 沢木孝さん、ニベ42㎝とキチヌ38㎝。

 

 

 不肖わたくし、マコガレイ30㎝前後を3匹。

 

 森岡さん、マコガレイ30㎝前後2匹。

 

 永沢さん、イシガレイ42㎝とトカゲエソ38㎝。

 

 以上、目立った釣果をあげてみました。天候が良ければもう少し大物の釣果があったのでしょう。

 

 それでは、表彰を……

 

優勝

 

 毎回、高確率で永沢さん(^^) 

 

 準優勝。

 おっと、目つぶってるぅ(>_<) 

 

 3位

 野島さん。入会以来、好調を持続されています(^^)

 

 4位

 森岡さん。

 

 ラッキーセブンの7位は…

 

 沢木孝さん。

 

 10位は…

 和田さん。

 

 そして、ブービー賞は…

 沢木勝敏さん。

 

 以上のようになりました。

 

  さて、来月は早や、今年最後の月例会、大阪兵庫合同納竿大会になります。

 皆さん、最後のひと踏ん張りで、大物をバシバシいわせましょう(^^)/

 

おまけ…

 集合場所の西九条駅で、大野会長からの「訓示」(^^) 

 

 

 暴風の中、納竿間際に全日本カレイ審査会場横の漁港で、最後の悪あがきをするクラブ員(^^) 「月例会審査提出魚を釣るまでは、やめれん!!」

 

大会審査会場にて、尾形徳島協会長とともに記念撮影・・・・・

 尾形様をはじめ、会場運営の皆様、このたびはお世話になり、ありがとうございました。

 

 

~おしまい~

 

 

 

 

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

 今年の全日本カレイは例年通り、クラブ単位で徳島会場にエントリーしました。私は、昨年、クラブの廣瀬さん、永沢さんたちが移動先ポイントとして好釣果を得たポイントに、廣瀬さん、和田さんと3人で入りました。当日は、冬型の気圧配置で強風が吹き荒れる予報。そのポイントは外海向きの吹きさらしのポイントなので、北西の強風の加減次第ではあきらめなければならないところですが、どのみち徳島近辺の釣り場は、北向きに開けたポイントが多いので、多少の風なら強行に初志貫徹することにしました。

 

 出発時にそんなに風は強くなかったので、予定通りのポイントへ。

 

 で、いきなりアクシデント。なんと、乗せてもらった廣瀬さんの車が砂浜にスタック! JAFを呼ぶハメに(>_<) ただ、廣瀬さんも業界人らしく(^^; すぐにJAFに連絡を入れ、釣りをしながらJAFを待つことにして、とりあえず釣り場に入りました。

 

 これは、JAFが来たときの様子です。JAFのパジェロに、ウィンチで引いてもらってます。

 

 頑張って押している(ふうに見える)のは、私です(^^; 

 

 ま、冗談のようなアクシデントはさておき・・・・・・(>_<)

 

 釣り始めはそう風も強くなく、むしろ釣りやすく感じましたが、アタリはなく、時折フグのエサ取りにエサを取られるのみで微妙な感じ。夜が明けて8時、9時と時間は過ぎても状況は変わらず、むしろ、だんだんと風が強くなってきて、釣りにくくなってきました。少し離れていた廣瀬さんや和田さんも、釣果は良くない様子。廣瀬さんと移動の相談をしましたが、移動しても移動先で竿を出せるとは限らず、「労多くして・・・」となりそうですし、昨年の実績のこともあるので、そのままこの釣り場で心中する覚悟で釣り続けることにしました。

 

 その相談の直後、私はふとひらめいて、少し移動することにしました。車で移動する労力を考えれば、荷物を持っての数百メートルなら軽いもの、と考えたのです。どのみちアタリはないので、思い切って移動することに。強風が吹き荒れる中、おっちらおっちらと少しずつ荷物を運び、移動を終えたのが午前10時頃。もうあまり釣り時間はありません。午後1時には納竿して審査会場に行かねばなりませんので、実質3時間弱といったところです。(もっとも、釣れなければ審査会場をスルーする手もありましたが(^^; )

 

 当日の釣り場です。強風で、折り畳みイスも倒れてしまっていますね。

 

 ほんと、まともに吹きさらしでしたね(^^; 

 

 ですが、不思議とモチベーションは下がりませんでした。今年はカレイ釣りにあまり行けていないので、数少ないカレイ釣りの時間を大切にしたいと思ったからでしょうか。

 

 そんな思いがあったからでしょうか、神様はちゃんと微笑んでくれたのです。

 

 移動して10分後くらいでしょうか。強風でアタリは全くわからない状態でしたが、1本の竿をあおると、あの独特の重みと締め込みが感じられて・・・・・

 

 やったー、マコガレイ(^^)  しかも30㎝オーバーです。

 

 サイズ的にはそう大きいものではありませんが、カレイの大会でカレイが釣れるのはやはりうれしいもの。強風が吹き荒れて「さぶくてさぶくて」仕方ありませんでしたが、このカレイを見た瞬間に、そんな寒さも一気に吹き飛びました。いやはや、現金なものですね(^^)

 

 そして、ほどなくして、また1匹。

 

 30㎝には少し足らずでしたが、それでもうれしい獲物です。

 

 そうこうしているうちに、納竿の午後1時が近づいてきたので、納竿するべく巻いていると、そのうちの1本にまたまた重みが感じられて・・・・・

 

 納竿間際なので、こんな写真で堪忍してください(^^; 一応27㎝ほど。

 

 とりあえず・・・・・

 

 サイズは大きくないですが、結果的にカレイ釣りが楽しめたってことで、良しとしましょう(^^)

 

 全日本カレイの大会は、もちろん大きなカレイを釣り上げて上位入賞も気持ちが良いのでしょうが、本命、しかも30㎝オーバーが釣れるという「小さな最高目標」が達成されるだけで本当にうれしいんですよ。昨年に引き続いての、ランクカレイを釣り上げての審査提出が出来て、十分に満足できた、そんな大会でした。

 

 次回は、我が西大阪サーフの月例会の結果をお送りします。

 

 強風吹き荒れる中の、クラブ員の健闘に、期待していてくださいね。

 

PS 定番の、薄造り(^^)

 

 

 

 

 

 

 

いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。