「鎌倉で花粉症」&「横浜高島屋二人展」 | おふぐな日々
2018年04月01日 11時39分21秒

「鎌倉で花粉症」&「横浜高島屋二人展」

テーマ:趣味

こんにちはー!

 
このブログのナビゲーター、ゆるすぎるキャラのトノです!
 
 
↓ランキング参加しています。ポチッとクリックして下さい。

人気ブログランキング

 

 

フグ友さんちから引っ越して来て、今日で4年10ヶ月と28日目の、コクテンフグのお嬢さん・天ちゃん

 
そして淡水水槽の仲間達
ラスボラ・エスペイ4匹 コリドラス・パンダ2匹)
 
コリドラス・パンダがぼやけて見えるのは、水槽が汚れてるせい。この後、掃除しました。
 
春が来て、毎年心配なのが、天お嬢さんの拒食。
このところ、餌を食べる量が減っているので、今年も心配なふぐぺそ氏なの。
「あら、あたしダイエットしてるのよ、知らなかった?」
 
えっ、なんでいきなりダイエット?

「あたしだって女の子ですもの、デ○とかビヤ樽とか(ふぐぺそ氏若い頃凄く太っていた時に、周りから良くそう言われたむかっ)言われたくないわ、それに薄着になる季節じゃない」

 
天ちゃんは元々裸ですなの。それにフグが痩せていたら、病気としか思えないですなの。

「痩せて病気っぽいフグなんてカッコつかないわね。ならダイエット辞めるわ!」

簡単に決意を翻す天お嬢さんですなの。

 

今年は引っ越しがあるから、たくさん食べて体力を蓄えて欲しいですなの。

「あたしは元気よ」

 
 
 
ホットドッグ左ホットドッグ真ん中ホットドッグ右

今日は4月1日日曜日、ふぐぺそ氏、一昨日から3連休でしたなの。

 
ブロ友さんから「2017年思い出のフォトバトン」というのを受け取りましたが、その記事は次回のブログに書きますなの。

 

 

早速ですが一昨日は、去年の6月に結婚した甥っ子(姉の長男)のお嫁さん(以下Yさんと表記)と一緒に鎌倉に行って来ましたなの。

Yさんは、ふぐぺそ氏より一回り以上年下だけど、とても良い人で人間的にもデキタ人。

ふぐぺそ家のお嫁さんではないので、最初はどう付き合っていけばいいのかなと思ったりもしたけど、そんな心配は杞憂で、今では友達のように親しくさせていただいていますなの。

義親にあたる姉夫婦ともとても親しくやっている様子。

ほんとに良い人がお嫁に来て下さいましたなの。

 

Yさんは横浜出身で、鎌倉にはあまり来た事がないとの事。

そんでもって歩くのが大好きとの事で、一昨日はあまり有名どころではないお寺を選んで、鎌倉寺巡りをしましたなの。

 

ところで、ふぐぺそ氏は花粉症ですが、3年くらい前から症状が軽くなってきて、一昨年くらいからはほぼ症状が出なくなりました。

ところが、一昨日はいきなりの花粉症勃発、ふぐぺそ氏鎌倉を歩きながら、1日くしゃみに悩まされましたなの。

 
そんな1日だったけど、天気も良くて桜も見頃。
歩いたコースは、鎌倉駅→妙本寺→常栄寺(ぼたもち寺)→英勝寺→円応寺(閻魔寺)→建長寺→その奥の半僧坊→明月院→円覚寺→北鎌倉駅と、かなりの距離を歩きましたなの。
どのお寺にも桜の木があって、お寺によって色んな種類の桜が楽しめて、素敵な1日になりましたなの。
 
最初は妙本寺にある中国の桜、海棠(カイドウ)を見に行きましたなの。
ふぐぺそ氏お気に入りの可愛い桜でしたなの。
 
境内には他にもこんな八重の桜や、
 
散りかけてきていたけど、ソメイヨシノもありました。
 
 
次はぼたもち寺をパパッと案内して、駅の方に戻って今度は英勝寺へ。
このお寺は以前にも紹介してるけど、徳川家康に愛された側室の英勝院のお寺、尼寺ですなの。
今はご住職とかはいないけど、きちんと管理はされていて、今回行ったら管理されている男の人が、他の参拝者と一緒に色んな事を説明してくれて教えてくれましたなの。
 
まず英勝寺のご本尊の仏像は、足を片方前に踏み出している姿をしていて、病気等に苦しむ人をすぐに助けに行くようにしている事。
そして敷地内にある仏像は、蓮華ごと雲に乗っている事。

 

お寺の山門の下に良くこうやって横に木を設置してあるけど、

これを跨ぐ事によって、体が少し前傾姿勢になるのだけど、それで一礼した事になるんだって。

山門をくぐる時にこの木を跨げば、わざわざ立ち止まって一礼しなくても良いんだって。

 

そしてお寺の建物に使われているこの金具、

良く見るとハート型の穴が開いているんだけど、これは「イノメ」と言ってイノシシの目を表していて魔除けなんだって。

 

説明をしてくれた男性は、現代人は急ぎすぎる、神社仏閣の参拝も急いでいる、こうやってお寺の色んな事を知れば、もっとゆったりと参拝出来るのにって言っていましたなの。

ふぐぺそ氏、英勝寺も何回か行っているけど、今回聞いた事は知らなかった事ばかり。

それに参拝も確かにいつも急いでいたなあと反省しましたなの。

 
英勝寺には、老木ではあったけど、他のお寺にはない桜の木がありましたなの。
それがこれ、薄墨桜

 

蕾はピンク、花は白、そして散る時は、薄墨色に変わる桜なんだそうですなの。

 
 
英勝寺を堪能してから、一旦お昼休憩をして、そして次はまた円応寺を案内してから、そのまま北鎌倉駅方面に向かって建長寺へ。
ここも門を入ると、満開のソメイヨシノが迎えてくれました。
 

 

Yさんは夫婦で建長寺には来た事があると言っていたけど、でもここには来た事がないだろうとふぐぺそ氏、建長寺の奥の奥まで案内しましたなの。

建長寺の奥から更に上に登れば「天園ハイキングコース」がありますが(ふぐぺそ氏、以前1度歩きました)、その手前に天狗の像がたくさんある半僧坊があり、今回は階段をたくさん上って、そこまで案内しましたなの。

Yさんも、ここは知らなかったと言っていましたなの。

ここでしばし休憩。

写真では白っぽくなって写らなかったけど、左上の方には鎌倉の海も。見えましたなの。

 

ふぐぺそ氏、くしゃみ連発していたけど、適度に風があって、とても気持ちが良かったですなの。

 

 

建長寺を出てからは、せっかくだからと有名どころの明月院へ。

ここもふぐぺそ氏何度か来ているけど、春に来るのは初めて。Yさんはまるっきり初めてとの事。

中に入って、山門の前の階段に枝垂れ桜のアーチがあって、その美しさに感動しましたなの。

いやもっと正面回って写真撮りたかったけど、人がいましてね~なかなか進んでくれなくてね~。

 

明月院と言えば丸窓。

今の時期は丸窓の向こうはそんなに美しくはなかったですが、せっかくですから写真を撮りました。

今度は紅葉の季節に来たいねって話しました。

 

明月院のお地蔵様も、とてもおしゃれです。

 

この後は、北鎌倉駅のすぐそばの円覚寺をざーっと見て、電車に乗って地元に帰って、お茶してからYさんとは別れましたなの。

今年は桜が咲くのが早かったから、間に合わないかなあと思っていたけど、何とか間に合ってたくさん種類の桜も見られて、とても楽しい1日でしたなの。

 
 
そして昨日は、横浜高島屋7階で、ふぐぺそ氏のサンドブラストの先生と、その先生にサンドブラストを教えた大先生2人の「二人展」をやっているので行って来ましたなの。
 

 

 

 

 

 

ふぐぺそ氏は今回、↑上のパンダと笹の絵柄のシリーズの、赤いお猪口を購入しましたなの。

さすが、先生の作品は芸術品ですなの。

 

 

「二人展」は火曜日までやっているので、お近くの方は見に行って欲しいですなの。

注:今回同じフロアーで別の教室の方も、サンドブラスト作品を展示販売されています。

  せっかくですから両方見て、ガラス工芸の世界を堪能してみて下さい。

 
 
今日は花粉症は治まりました連載漫画
        「インディー・トノ」
「朝から並んで、市内一美味しいという、ぶんぶく堂の桜餅を手に入れましたなの」
「お茶を淹れて来ますなの」
「あっ、ハエだわ」

「あんたなんかに舐められたくないわよ、あっち行ってよ」

「僕がお茶淹れてる間に、一体何があったんですなの」

            「完」

 
 
この3連休が終わったら、今月末まで連休がありません~(涙)
 
 
連載 ふぐぺそのささやき
ピグに差し入れ、ありがとうございました!
 
実は私、今年家を建てる事になりました。
最初は実家をリフォームして住むつもりでしたが、実家の建物は築約60年、しかも最初は平屋で建てて、私が高校3年の時に2階を増築したので、老朽化に加えて安全性に問題があり、色々と悩んだ末に、実家の建物を取り壊し土地を分けて、そこに私の家と甥っ子夫婦の家が建つ事になりました。
 
実家の建物は1月に取り壊され、先月やっと色んな手続きが終わって工事が始まりました。
今月からは休みのたびに工事の進捗状況を見に行って、家の片付けも本格的にやらなければならないので、またしばらくブログはお休みとなります。
 
話が決まったのは去年の夏でしたが、良く考えてみたら、私は若い頃から「一戸建てに1人で住みたい」という夢があったんですよね。
そして書斎兼アトリエが欲しいという夢も。
そんな夢がこの年になって叶う事になって、自分でもびっくりです。
 
今年の半ばで、私は実家を出てから丸30年になります。
何となく縁みたいなものを感じます。
ペタしてね

 

ふぐぺそさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

コメント

[コメントする]

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス