シーズン終盤に差し掛かって、みんなお疲れのコルシカで働く人々。



仕事仕事、仕事に仕事の毎日で、多い日は16時間以上労働とかの旦那さまは、さすがに気分転換したかったらしく。結婚記念日を理由に無理矢理お休みを作り出し。



それでも忙しいので迷いましたが、リミット1日半、フェリーで弾丸イタリア本土へゴー!な旅行く事にした我が家。

滞在先に20時間も居られなかったけれど、良い刺激になりました。


何がってカルチャーショックが。


滞在先のホテルのレストランでデザートのメニューを待っていたら、いつまで経っても持って来てくれず。しびれを切らしてデザートメニュー下さーいと言ってみたら。


そしたら、何と。


「あ、今日ね、無理なんですよー。」 


ってフツーに、本当にフツーにサービスのお兄さんに言われたのですよ。謝るとか無しに、「トイレあちらでーす」みたいなテンションで。 


私、爆笑🤣


いやー、イタリアすごいわー。
ホテル、一応五つ星だったんだけども、デザート無いとかあるんですね

外観は素敵だったけど、色々実際は五つ星はちょっと無理があるかな。


イタリア初めてじゃないし、何ならシシリアからコモ湖まで1か月半かけて旅行した事もあるんだけども。改めて感心。 


世界は広いね。
みんな違ってみんな良いだね。
日本に行くとサービスが素晴らしくて感動の嵐だからね。



さて、コルシカ島に戻りましょう。


コルシカ島では年中通してハイキングやトレッキングが出来るのですが。自分でも行けなくは無いけれど、ガイドさんが居ると説明もしてくれるし、穴場も案内してもらえるし。
{A4E30E82-5B2A-46F1-90CB-E6614D2A0B5B}
何より安全なので、機会があればお勧めです。


この時は途中まで乗り合いの車で行って、そこから歩くコースでした。


先ずは大絶景にご案内してくれましたよ。
{2463D168-AB99-4228-B30C-EA413BE0236D}
右下の方にロープが見えますか? 


このロープの上を歩くスポーツ?やる人も居るんですって。私は絶対無理だけど、こんな大自然ならきっと気持ちが良いですよね。

{18F6B34D-B80D-40FA-BAB4-573C032234E2}
わーキレイー♪とまだ騒げたこの後に、口もきけない程のハードな道が待っているとも知らないこの時。


簡単なルートだからって言ったのは誰だー!
{C2B8FE15-D49C-4EFA-A6B3-0398C30C1214}
こんな急斜面の道の無い山を登れるのは犬か山羊とかのみだって!って拒否してみても帰れないし。またまた笑うしかないのですよ。


ガイドさん、60代だか70代だかの男の人なんですよ!これもすごすぎる。



山の上の小屋辺りでお昼休憩。
{F3CAF734-A2DA-4CCA-99CD-E05C1C497591}

{B8C07E1F-A41F-4919-B910-65DD65A84F83}
各自持ち寄ったランチをピクニックで。


せっかくの身体に良い事を台無しにしないために、私達は話し合って色々とヘルシーな物を用意して行きましたよ。
{8FABE39F-5EDA-4355-A996-F006D4AC3234}
友人達がスピルリナのペーストや、野菜やチキンソテーを準備すると聞いていたので、私はそれに合わせて米粉のオリーブパンを焼いていきました。



お弁当持って、水持って。人によってはワインやらフルーツやら持ってこの道ですよ。みんなすごいわー、本当。



でもとっても清々しいし、運動した!って言う気持ちになるので、体力に自信がある方は是非ガイドさんと周ってみて下さいね。夏場は特に、世界中から来た色々な人と知り合えるのも利点かも。




観光案内所やホテルでガイドさんを紹介してくれると思いますよ。私みたいにびっくりしない為に、コースやレベルのご確認をお忘れなく注意
















運動の秋なら大自然への旅足あとアップに賛成なあなたはポチッと左下矢印



人気ブログランキング