『rkb今日感TV 出演「夫婦の寝室事情」』 夫婦問題相談室WiseFairy | 夫婦関係の修復・離婚相談を専門とした夫婦問題カウンセラー 玉井洋子

夫婦関係の修復・離婚相談を専門とした夫婦問題カウンセラー 玉井洋子

夫婦問題カウンセラーは、夫婦問題や離婚問題に関するカウンセリングの専門知識を身につけています。

夫婦問題相談室 WiseFairy 代表 夫婦問題カウンセラー 玉井洋子 です。

 

放送からずいぶん日にちが経ってしまいました汗汗

 

11月22日は「いい夫婦の日」 でした。rkb毎日放送 今日感TV へVTR出演。

この日は、京都へマネージャーと旅行に行っていたので、スタジオには伺えず。

高田課長さんがオンエアの数日前にオフィスにロケに来て下さいました。

 

特集~夫婦の寝室事情 同室?別室?~

 

4割程度が別室というデータもあるようです。

別室の理由としては、

●いびきがうるさい

●生活リズムの違い(灯りの明るさ、本を読みたい、エアコンの温度差)

●子供と寝ている

●ゆっくり寝たい

というものが挙げられますが、本当は別室を望むけれど、日本では住宅事情も関係していることから

やむなく同室という方も多いようです。

寝ている時間って一日の1/4もありますから、

別室となると、単純に夫婦一緒の時間が減ってしまいます。

 

そこで私に尋ねられたことは、コチラ

別々の寝室であっても円満な夫婦でいられるために気をつけること、大切なことは。

というものでした。

ズバリ『会話』です。

円満の夫婦はそうでない夫婦の3倍会話しているというデータがあるのです。

 

会話の内容にも違いがあって、円満でない夫婦は子どもの話ばかりしています。

(子どもの話はお互いしなくてはならないし、共有しやすいということもあるのでしょう)

他に話題がないと言えば、そうなのかも、、。

一方、円満な夫婦は、子どものこと以外にも趣味の話や次の休日の話と

たわいもない会話を楽しんでいるのです。

 

他にも放送されませんでしたが、

●一緒の趣味を持つ

●ペットを飼う

●ウォーキングや散歩をする

●食べ歩きをする

などなど、夫婦間のコミュニケーション、会話が弾むようなことを一緒にすることも

大事だということも取材の際にはお話したんです照れ

 

最後に・・・

夫婦には「以心伝心」は通じません。

思っていることは、言動・行動で表さないとうまくいかないです。

とお伝えしました。

京都から帰ってきて、ビデオを見てみてビックリびっくり

こんなにアップな画像がガーン汗汗笑い泣き

私が一番驚きました(笑)

 

「いい夫婦の日」にお声が掛かるのは本当に嬉しいです音譜