『rkb今日感TV 出演「特集~女の懺悔~」』 夫婦問題相談室WiseFairy | 夫婦関係の修復・離婚相談を専門とした夫婦問題カウンセラー 玉井洋子

夫婦関係の修復・離婚相談を専門とした夫婦問題カウンセラー 玉井洋子

夫婦問題カウンセラーは、夫婦問題や離婚問題に関するカウンセリングの専門知識を身につけています。

夫婦問題相談室 WiseFairy 代表 夫婦問題カウンセラー 玉井洋子 です。

 

本日は、RKB毎日放送 『今日感TV 特集 ~女の懺悔~』 生放送に出演してきました。

 

街頭インタビューの中から、懺悔したいことの中で「妻から夫」へのものがいくつもあったとのことで、急遽呼んで頂けたのでした。

 

・PTAの役員決めを拒否

・ママ友に夫の悪口を話してしまった

・月1回、ママ友との豪華ランチ

 

あるある話が続き、夫婦ネタが・・・

 

 ●『元彼からもらった財布を使い続けていた』

 

許せる・許せない、どちらの意見もあり・・・

私の見解としては、

一見、大したことではないように思えることかもしれないけれど、パートナーの感情を傷つけてしまうこといなりかねない問題。と前置きして、この問題を

 

 ☆『物』として考える人

 ☆『コト』として考える人

 

に分けられるとお話しました。

 

『物』として考えられる人は、高かった、まだ使えるから、勿体ないなど『物に罪はない』ということを言われていました。

一方、

『コト』として考える人は、ストーリーとして考えてしまうのです。

『捨てられない=未練がある(忘れたくない)』という感じです。

 

『コト』として捉えてしまった場合、繊細なパートナーは深く傷つき、負のループに入ってしまい、悩みが深くなることがあるのです。

 

パートナーへのマナーとして、『物』として考える人は、元彼からのプレゼントだと言わないことです。
あと、手紙や写真を内緒で持っておくのは、NGなのでは。ともお話しました。

 

次は、

 ●夫に内緒のへそくり

お金の問題は、夫婦問題として揉める要素となるケースが多くあります。

『へそくり』と言うと聞こえもよくないですが、『やりくり』と考えると節約の効果とも思えます。

私の見解としては、

どういう目的でへそくりしているかによっては、パートナーの受け止め方も違うとお話しました。

①マイホームや教育資金のための「へそくり」だったら、家族のためですし問題ないと思います。

②単純に妻が自分のものを購入するためだったら、パートナーの理解が得られるかどうか微妙かもしれません。(個人的には、妻の機嫌がいい方が夫にも返ってくるような気もします)

③夫へのサプライズ・・・これは夫としては、文句の言いようがないですね。

 

で、問題はここです。

番外編 「離婚準備のため」のへそくり・・・

これは、いずれ大きな問題になることは間違いないですね。

実際に私の相談室であった事例をお話しました。

 

番組ではお話できませんでしたが、こんなデータもありました。

*****************************************

明治安田生命2018年4月「『家計』に関するアンケート」(20~79歳の既婚男女1620人)

 へそくり平均額(2018年)全体 89万6876円 約90万円(ここ数年では減少傾向)

男性

20代 83万2496円

30代 31万8185円

40代 22万1296円

50代 64万333円

60代 117万3363円

70代 36万8963円

女性

20代 20万9793円

30代 36万7741円

40代 88万1676円

50代 150万5704円

60代 187万370円

70代 237万2593円

 

70代女性のへそくり金額が・・・スゴイ! さすが、女性は長生きを意識しているのかなと。

へそくりが心の安定にもなっていそうです。

 

円満であれば、へそくりが大きな問題になることはないと思いますが、一旦関係がこじれてしまうとへそくりも按分されてしまう可能性もあります。

やはり「家計の透明化」が一番いいのではないでしょうか。

 

最後は、

 ●夫の宝物を勝手に捨てる・売る

 

 

高田課長のフィギアをゆかりさんが捨ててしまったというお話。

高田課長と奥様の秋本ゆかりさんの絶妙な掛け合いが面白くて、一瞬、視聴者になっていました(笑)

 

ネット上に書かれている弁護士の見解としては、

家族であっても所有権は個々人に帰属する。

配偶者の私物を捨てた場合は、『器物損壊罪』にあたる可能性がある。

更に、

人の所有物を売却する目的で取ると『窃盗罪』にあたる可能性がある。

などと物騒なことが書かれてありましたが、

それだけ、夫婦間であっても勝手に捨てたり、売ったりは危険だということなのでしょう。

私の見解としては、

妻からみたら、全く価値がわからないものでも夫にしてみたら、すごく価値あるものだったりします。

(フィギア、プラモデル、Tシャツ、ビンテージもののジーンズ等々)

買い直すことができないものを捨ててしまうと取り返しのつかないことになります。

 

勝手に捨てられたり、売られたりすることで離婚になることはそうないと思いますが、このような小さな揉め事が積み重なると、価値観の違いとなって、離婚理由になっていくことはあります。
断捨離するなら、同意を得ましょう。

とお話しました。

久しぶりの生放送。

 

楽しくお仕事させて頂きました。