『KBCアサデス。「年末年始 帰省のホンネ」』夫婦問題相談室WiseFairy | 夫婦関係の修復・離婚相談を専門とした夫婦問題カウンセラー 玉井洋子

夫婦関係の修復・離婚相談を専門とした夫婦問題カウンセラー 玉井洋子

夫婦問題カウンセラーは、夫婦問題や離婚問題に関するカウンセリングの専門知識を身につけています。


テーマ:

夫婦問題相談室 WiseFairy 代表 夫婦問題カウンセラー 玉井洋子です。

 

クリスマスイブの24日 KBC九州朝日放送「アサデス。」にコメント出演。

『朝イチスクープ!』コーナー「年末年始 帰省のホンネ」

 

 

12月は一年を通してもカウンセリングが激増する時期。

 

夫の実家に帰省すると起きがちな「嫁姑問題」

妻はとても気を遣うのに、夫は自分の家、親だからと

完全に「息子化」してしまうことも妻の不満を増大させるのです。

年に1,2度の帰省で起きる問題が、夫婦問題へとなり、

離婚問題へ発展することもありますので、この問題って侮れないのです。

 

夫の実家で年末年始を快適に過ごすためには・・・

夫(息子)が鍵を握っているのです。

 

妻は夫が思うように間に立ってくれないのがストレスになります。

 

解決するには、

「こういう風にしたいので、あなたがこうしてくれたら助かるわ」

具体的に言うことが大事。
具体的に言わないと、夫は妻がただ愚痴を言っているとしか思わず

聞き流そうとして頭に残らないのです。

 

「楽しく過ごしたいからこうしてくれると助かるわ」

「間に入って言ってくれると嬉しいわ」

こんな風に言われると、夫も気に留めてくれますし、頭に残ります。

 

あるご家族の例が紹介されていました。

最初の会話で、希望をただ伝えた際は難色を示していた旦那様。

二度目の会話で、奥様の希望を具体的に伝えたら、旦那様はすんなり受け入れてくれました。


リポーターの方が、旦那様に受け入れた理由を聞くと

「具体的に戻りたい理由を言われたことと優しく言われたことで受け入れました」

と言われていました。

 

伝え方で変わるものですね照れ

 

 

妻だけでなく、妻の実家で気を遣う夫もいるようでした。
 

いずれにせよ、

帰省する前に夫婦間できちんと思いを伝え合っておけば、

楽しい時間が過ごせるのではないでしょうか。

 

そうそう、取材してくれたスタッフの中のカメラマンさんが、

「女性同士ってすぐに仲良くなるじゃないですか。そんなイメージがあるので

 妻も母も気遣いなくやれるのかなと思ってたんですよね。」

と言っていました。

 

確かに、女性同士には違いないのですが、

嫁・姑は友達という感覚で接することって、なかなかできないですよね爆  笑

 

コーナー最後に、

『今の時代、必ずしも帰省しなくてもいいのかもしれません。』

ということが私の言葉として伝えられました。

補足しておきます。

共働きで忙しい家庭が多くなった今、

年に1,2回の帰省を嫌々出向いて、苦痛な時間を過ごし、揉め事になるくらいなら、

行かない年があってもいいのかもしれません。と伝えたかったんですよね。

 

あくまでも夫婦間での話し合い、ご両親間で納得することが前提です。

 

いろいろありますが、

孫の顔を見ることを楽しみにしているご両親のことを考えると

楽しい帰省ができることを願っています。

 

夫婦関係の修復・離婚相談を専門としたカウンセラー 玉井洋子さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス