日本靴医学会学術集会で発表してきました | 関西 大阪 ドイツ式 フットケア サロン フフ(fufu) オフィシャルブログ 本町 阿波座 四ツ橋 心斎橋

関西 大阪 ドイツ式 フットケア サロン フフ(fufu) オフィシャルブログ 本町 阿波座 四ツ橋 心斎橋

大阪 本町 ドイツ式 フットケアサロン フフ は「魚の目・タコ」「角質 除去」「カカトのお手入れ」「巻き爪ケア」「陥入爪」「巻き爪 補正(ペディグラス)」「自爪育成」などのお手入れと共に足と靴の相談で健康な足元つくりをサポートする【足のお手入れ専門店】です。


テーマ:

関西ドイツ式フットケアサロンフフです。

フットケアサロンフフの私は、日独小児靴学研究会で小児の足と靴について学んでいます。

2018年も、日独小児靴学研究会の一員として9月23日・24日開催の【第32回日本靴医学会学術集会】で発表しました。

写真❤右 日独小児靴学研究会 共同代表 塩之谷 香先生

写真❤+★日独小児靴学研究会 共同代表 伊藤 笑子先生

   ★印:日独小児靴学研究会からの発表者

写真左の女性は「子供靴はこんなに怖い―おかあさんの靴選び、間違っています!」の著者である大谷知子先生です(^^)

大谷先生のお話しはとても興味深く、勉強になります。

 

日独小児靴学研究会から6演題も発表がありました

今年は発表メンバーが増えたので心強く、苦楽を共にできたことが良い経験となりました(^^♪

 

フットケアサロンフフの松本は昨年とは違う内容でスポットライトセッション2の中で【小児の静止立位での足趾形状の考察~バランス力に着目して~】を発表しました。

 

松本が発表した演題【小児の静止立位での足趾形状の考察~バランス力に着目して~】について簡単に内容をお伝えすると、

インターネットや書籍などで足趾(足のゆび)の変形があれば、

子どものバランス力がない。などと表現されている場合がありますが、バランスが悪いと、決めつけるのではなく、

身体の成長(骨や筋肉)なども観察しながら、運動を促すことが大切。

幼児期の足の指の形状のみで保護者に対して不安を煽るような歪曲した情報の拡散がないように提言していきたい。

といった内容です。

 

とはいったものの子どもの足の事に関してご相談いただく事も多くありますので、補足です。

子どもは、

サイズアウト(小さな靴)を履いていても関節が大人のように完成していない軟骨なので、【痛い】と表現しない場合があります。

足趾の形がなんだか気になる。と思ったら

・足と靴のサイズが合っているのか。

 (捨て寸+成長寸がしっかり考えた靴選びをしているか)

・成長に合わせた靴の形状と硬さがあっているか

など、靴の見直しや足だけでなく身体の使い方などもみてもらえる医療機関や専門の靴屋さんなどにご相談くださいね。

大人の場合は身体ができているので、

歩く時のクセで前滑りして足趾の角度が曲がっていたり、指の上に魚の目ができたりして痛みの原因につながる場合がある為、

足と靴とアインラーゲン(インソール)の見直し、身体の使い方の見直しについてお伝えする事が大事だと考えています。

 

2017年の学会発表は浮指について発表しました。

昨年の内容はこちら→浮指って何?

 

情報が簡単に入るのはいいのですが、情報が溢れすぎてどの情報がいいのか???となりませんか?

インターネットや書籍(雑誌)の情報は医学的な根拠に基づかない情報もあるという事を知っていただき、どこに根拠があるのかな?と比較検討していただければ幸いです。

 

 

皆さま、ご自身の足・靴を毎日みていっら

しゃいますか?
足と靴の変化がないかチェックされていますか?


フットケアサロンフフでは、フースフレーゲ(フットケア:足のお手入れ)の中で出来ることをお客様へお伝えし、足元から健やかな状態に保てるようなサポートとご提案をさせていただくサロンです。
医療機関ではないので出来る事は限られ、診断したり治療はできません。ウィルス性のものや炎症、腫れがある場合などは医療機関へ受診をおすすめしています。

炎症や腫れのない状態の足のお手入れ、爪のお手入れはお近くの足のお手入れ専門店にご相談くださいね。
もちろん、フットケアサロンフフへもフットケア、足と靴の事などお気軽にご相談くださいませ(^^)。

::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
★フットケアのご予約・ご相談はこちら→フットケアサロンフフ
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

 


大阪 ドイツ式 フットケアサロン フフは医療機関ではないので出来る事が限られますが、老若男女問わず、タコ・魚の目・カカトのガサガサ ケア、角質除去、切りにくい爪のお手入れ(肥厚爪・厚硬爪甲・爪甲鉤湾症・白癬(水虫による厚い爪)など)&巻き爪 補正(ORAシュパンゲ・オートグリップ・ゴールドシュパンゲ・ペディグラス)、足の計測、歩き方のアドバイス等、足の悩みに向き合って「フフ♪」と笑顔になる健康な足元つくりをサポートいたします。

「魚の目・タコ」「角質除去」、「巻き爪」「爪が切りにくい」・「自爪育成」などの足の事、靴の事でしたら、大阪のオフィス街(梅田・北浜・淀屋橋・肥後橋・うつぼ本町・阿波座・心斎橋)に近いフットケアスペシャリストが在籍する足のお手入れ専門店 ドイツ式 フットケア サロン フフ へご相談くださいませ

♪ドイツ式フットケアサロンフフのリニューアルホームページ
♪大阪ドイツ式フットケアサロンフフ Facebook
♪大阪ドイツ式フットケアサロンフフGoogle+

関西 大阪 本町 フットケア サロン fufu(フフ)さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス