【旅日記】ビバ・茨城県フラワーパーク&牛久大仏 | fufu official blog

fufu official blog

日野原希美と藤本ゲンのfufu( ふふ )のブログです。
『 夫婦 』 であったり
『 ふふっ 』 と笑う笑い声だったり
『 フーフー 』 と熱いものを冷ます行為だったり
母が子に与える無償の愛や、大自然が私たちに与える無償の愛のような
音楽を奏でています。


テーマ:
6/4(月)

突然ですが…
最高〜!

今日はゲンさん&希美さん、
気づけば休日だったので思い立って近場にプチ旅
(今日は歩き…ではなく車旅

何となく「海浜ひたちなか公園」
という所に行ってみるかと出かけました
ルンルンで出かけてて途中のパーキングでふと、

(あれ、今日は月曜日だけど休園…
いやいやまさかね、そんなまさか…

と急に不安になってよくよくHPを見てみたら…

不安的中。
休園日だよ

笑うしかなくて笑ってたんですけど
ちょうど近くにいらしたインフォメーションのお姉さんに
「近場で観光スポットとかありますか?」
と相談してみたら、いやぁ、出るわ出るわ

恐るべし茨城。

海浜ひたちなか公園に行くつもりだったならと、
「茨城県フラワーパーク」をご提案下さいました
なので素直にそこにGO

お姉さんから頂いた地図を見たら
ゲンさんが前々から
「これ見てみたいなぁ
と言っていた牛久大仏も比較的近そうな感じ

なのでとりあえずフラワーパークに行って
帰りに牛久大仏に寄ってみることに

なんて平和なフラワーパーク!
基本的にはバラ園。
平日だし人が少なめでとても居心地よし

バラは見頃はちょーっと過ぎたかな?という感じだったけど
それでも園内色とりどりで
鮮やかな色に包まれてとても華やかな気持ちになる
青空も気持ちいい
バラも美しい
そしてまた芝生がものすごく元気!
そして何だかとてもキレイ。
…やっぱり転がるでしょう
そりゃこうなるでしょう
アース!
好きだここ。。
そして四つ葉も探してみるの巻
(…見つからないの巻
こんなのもあったので
せっかくだからと乗ってみる。
「スカイサイクル」
2人で自転車こぐ感じで進むんですけど
これはヤバイ。
希美さんはそもそも基本ビビリですが
これは圧倒的にヤバイ。
左上の写真で進行方向の先に
ちょいと出っ張った所があるでしょう?
わかりますか?
ここが最高にヤバイ
内側を走る希美さんですら怖すぎてちびりそうだったけど
外側にいた(重さも2倍の)ゲンさんも
「ディズニーのどのアトラクションより怖い」
「ぼく体重2倍なんだけど」
と連呼してました

一周300円(2人で)
文句なしでお値段以上。
そしてこちらが「花の滑り台」
日本で2番目に長い滑り台だそうで
1人ずつの乗り物に乗って進みます。

乗ってすぐ左の写真のような長ーい上り
これは自動的に運ばれて行く感じ。
乗り物にはブレーキバーが一本ついていて
(前に倒すと進み、引くとブレーキがかかる)
ブレーキバーを足で挟んで
カヌーに乗るような感じで座ってるんですけど
頂点からはダダ滑りなのでプチボブスレー体験状態
(もちろんビビリな希美さんは所々ブレーキかけつつ。
そしてゲンさんは結局ノンブレーキで滑ったらしい
こちらは1人400円。
完全に、お値段以上。
ちなみに日本で一番長い滑り台も茨城にあるんですって!
何なんだ茨城!
人を楽しませることに長けすぎなのではないだろうか

「花の滑り台」はチケットを買う時に
1枚400円の券と3枚綴りの回数券で
1000円というのがあって
その時は知らないから
(そんな回数券なんて…)
と思ったけど何回でも乗りたくなるし、
家族で、となったら回数券はお得ですよね

そこから歩いて山の頂上へ
パーク内、プチ山あり。
なかなかの坂道で希美さん&ゲンさんは
久しぶりに箱根越えを思い出すような時を過ごしました

頂上に着いたらアスレチックあり。
上の滑り台の左写真、あのてっぺんが頂上)

お約束のターザンなんちゃら
そして中々立派な展望台もあり。
園で働いている年配の男性従業員さんは
とても気さくであたたかかったです。
従業員さんの優しい言葉の誘導により展望台へ
ここがまたすごく景色も良く、
気持ちいい風が吹いていて
屋根もついてるから日陰になるし
ほんっとうにいいところでした
下りは登った道ではない道を
クマを心配せずに山登り(下り)気分が味わえる
お花の時期はまたキレイでしょうね
今の緑の季節もとにかく気持ちよかった!
「茨城フラワーパーク」
日陰や休憩所やお手洗いがたくさん設置されていて
園内の自販機も通常料金だしゴミ箱もあるし
休憩所のコーヒーも150円とお安いし
とにかくお客さんに優しいのではないかなぁ。
入園料も大人740円(駐車場無料)
文句なしの、お値段以上。

さて、
フラワーパークから牛久大仏へ
とにかく大きいことは知識としては知ってるんだけど
実際目にするとこれは感動ものですね。
鐘もつき放題
(…ってそんなボンボン鳴らさんけど
見るだけなら500円、
大仏様の中に入るなら800円。
せっかくだから入るでしょう。

結論。
入ってよかった

大仏様の胸のあたりに3箇所、縦長の線が見えますか?
800円払うと階段とエレベーターで
胸のところまで上がれるんです。
牛久の大仏様は観光客にも優しいが
檀家さんたちにもとても優しいということや
「南無阿弥陀」を広める場であるというのが
行ってみてひしひしと伝わりました。

ゲンさんも希美さんも
特定の宗教に関係することはないのだけど
信仰心そのものはとても美しく
生きる上でも大切なところだと思ってもいるので
今回牛久の大仏様に入ってみて
在り方がとても美しいんだなと感じさせられました。

こちらはお庭もキレイですしなぜか小動物園もあって
家ウサギならぬ、めちゃめちゃ元気な外ウサギたちや
どの国の人が聞いても「メー」と聞こえるであろう羊たち、
リスちゃんたちやヤギ、
そしてさわっていいイノシシくんを見ることができます。
想像以上に見応えあります。

恐るべし、茨城。
(…何回でも言う。)
お陰様でものすごく充実した1日になりました!


皆様のポチのお陰で開くのが楽しいニコ

いつもありがとうございます!

にほんブログ村 音楽ブログ 音楽活動へ
にほんブログ村

 

私たちfufu主題歌を担当させて頂いた、

アニメーション映画『算法少女』 の予告編キラキラ

ぜひぜひ観てね。

映画も観てね。

URLは こちら https://youtu.be/9uz7QY_zDUI

「 fufu出演情報 」もどうぞご覧下さい♪
fufuのCDについての情報はこちら
fufuへのお問い合わせはこちら
fufuのメルマガ登録はこちら

↓↓こちらをポチッとして頂けると、大変嬉しいです☆
にほんブログ村 音楽ブログ 音楽活動へ
にほんブログ村

fufuさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス