ローンの否決は覆ることがある | 年収1000万円のサラリーマン薬剤師が教える不動産投資

年収1000万円のサラリーマン薬剤師が教える不動産投資

31歳で年収1000万円超(給与所得)を達成した、現役サラリーマン薬剤師の不動産投資を中心としたブログ。年収1000万円だからできるのではなく、薬剤師なら誰でもできます。雇われ薬剤師で若くして年収1000万円になる転職法についても知りたい人がいればお伝えします。


テーマ:

========================

<資産形成>

無料資産形成セミナー(新宿開催)はこちら>>

※日本全国、5名以上から地方出張勉強会も受け付けております。

========================

 

皆さん、こんばんはニコニコ

 

今回は、ローン否決についての話です。

 

融資を受ける際に金融機関の審査を受けるわけですが

 

買えると思って行動していた時に

 

「あなたには、お金は貸せません」と

 

金融機関から待ったが出てしまった時には

 

初めは絶望感を味わうことでしょうガーン

 

当然、A銀行で否決されてもB銀行に持ち込めば

 

融資が通るなんてことはざらにあるのですが

 

今回は、一度否決されてしまったA銀行から

 

再度、交渉により融資を引っ張ったという話ですパー

 

 

これは、私が4度目の融資を受けた時です。

 

私がお世話になっているデベロッパーの提携ローンなわけですが

 

4度目にして待ったが出てしまったのです汗汗

 

まだまだ問題ないと思っていただけに

 

ここでのストップは今後の計画に響いてしまいます・・・

 

新築区分を多く保有していたので

 

その影響もあったのかもしれませんが

 

とりあえずは、A銀行にどうして否決になったのかを聞きました電話

 

まあ、当然教えてはくれないんですけどねむっ

 

ここでは、交渉内容の詳細は触れられませんが

 

その後、電話交渉を繰り返し

 

上司に変わることに成功し再度審査となり

 

問題なく融資実行となりましたにひひ

 

なにごとも、やってみないと分からないわけですグッド!

 

その電話交渉だけで数千万円が動いたわけですからキラキラ

 

A銀行の方や業者関係者も

 

このようなことは初めてだと言っていましたえっ

 

ま~、その後も1億以上の融資が組めているので

 

とりあえず大きな属性毀損はなかったのではないかと

 

個人的には考えています。

 

不動産投資をしている人でも

 

この経験をしたことのある投資家はあまりいないでしょうビル

 

無事、三宮の物件を購入し神戸牛を食べれましたにひひ

 

 

数年前に私が経験した体験談ですクローバー

 

 

=========================

<資産形成>

無料資産形成セミナー(新宿開催)こちら>>

※日本全国、5名以上から地方出張勉強会も受け付けております。

 

<人気記事>

田舎や僻地で働く薬剤師のメリット

雇われ薬剤師で年収1000万円を実現する方法

【保存版】転職会社の正しい登録方法(薬剤師の求人情報を得る方法)

 

========================

応援よろしくお願いいたしますニコニコポチっと押してください。

↓   ↓    ↓

夢を叶える薬剤師の転職や転身は >>【転職薬剤師.com】
 
薬剤師(薬学)の本・書籍の購入は >>【くすりの図書館】
 

不動産薬剤師さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス