不動産まなぶろぐ

分かりにくい法律用語を分かりやすく書くことを目指します。

私自身の知識整理のためでもありますが、

ご覧になった皆さんが、「そういうことだったのか!」と

目からうろこが落ちるようにがんばります。


役に立つ民法知識や、転居の際に役立つノウハウなども

公開してゆきたいと考えていますので気長にお付き合い下さい。


にほんブログ村 資格ブログへ にほんブログ村 資格ブログ 法律系資格へ にほんブログ村 資格ブログ 不動産・建築系資格へ
Amebaでブログを始めよう!
1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 最初次のページへ >>
2011-03-04 14:00:11

重要な事実の告知義務

テーマ:説明・告知義務
■重要な事実とは
重要な事実について、故意に事実を告げず、または不実のことを告げる行為を行った場合は、業務停止処分や免許取り消し、過料を課されることもあります。

「重要な事実」は、取引の利害関係者にとって重大な利害のある事実ということになります。
まず、法35条に記載されている「重要事項」はすべて「重要な事実」となります。

それ以外の「重要な事実」とは、大きく次の2つに分類されます。

(1)心理的な嫌悪を抱くような事項
(2)周辺の環境条件

まず、(1)の心理的な嫌悪を抱くような事項についてです。
一般的には、過去に自殺者が出てしまった物件です。当然このような事実を知ることで心理的な嫌悪感を抱く人はでてくるでしょう。私もそうです。

(2)の周辺環境についてですが、例えばものすごい悪臭がするとか、深夜の騒音がひどくて眠れないというような物件です。

以上の「重要な事実」を知っている宅建業者は、それを取引の相手方に告知する義務があります。
告知しなかった場合は、監督処分や罰則を受けることになります。
2011-02-15 12:45:36

供託所に関する説明

テーマ:説明・告知義務
■供託所に関する説明について
宅建業者は、自らが営業保証金を供託している供託所についての説明をしなければなりません。営業保証金は、宅建業に関して取引があった相手方を保護するものなので、相手方には「もしものとき」の補償に関する供託所のことを説明しなくてはならないのです。

【説明事項】
▼保証協会の社員でない場合
 営業保証金を供託した主たる事務所の最寄の供託所・所在地
▼保証協会の社員である場合
 社員である旨、保証協会の名称・住所、事務所の所在地、弁済業務保証金を供託している供託所・その所在地


2011-02-14 13:03:32

契約に関する重要事項説明

テーマ:説明・告知義務
■契約に関する重要事項説明

【代金・借賃の額と授受の目的】
敷金や手付金など、代金や借賃以外の金銭の目的と額は、重要事項説明すべき事項です。

【契約の解除に関する事項】
契約を解除する条件等についての説明です。

【損害賠償の予定・違約金に関する事項】
事前に債務不履行になった場合の違約金等についての取り決めについての説明です。

【手付金等の保全措置】
保証委託契約による措置
保証保険契約による措置
手付金等寄託契約等による措置
のいずれかの措置について説明

【支払金・預かり金について】
宅地建物の取引に関する金銭を受領について、50万円未満の金額については、保全措置をとられた手付金等と同様、支払金や預かり金としての性質をもちません。
1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 最初次のページへ >>

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス