boss in prison break

テーマ:

昨日の「BOSS」において、

「プリズン・ブレイク」の曲、なぜか使われてましたよね?

チャンチャンチャンジャーーン

みたいな(全く伝わらない)。

パロディとか、コミカルなシーンか、って言ったら、

そうでもないし、

なぜ「プリズン・ブレイク」?


このドラマ、毎回毎回、海外の有名な曲(LINKINとか)が、

なぜこのシーンで?

みたいなシーンで、使われてるのよね。

たぶん、フヂヲが気づいていないものも、いっぱいあるはず。

オリジナルな曲でやればいいのに。

作る時間とか予算とか、なかったのかね?

なーんて思うけど、

きっとわざと、敢えて、やっているのであろう。

だって、そのことがフヂヲも気になって仕方なくて、

このようにわざわざブログにアップしてるわけだし。


でも、なんだか、この「BOSS」、

撮って出しのような感覚を覚えてしまうのはフヂヲだけ?

AD

xxx

テーマ:

デアゴスティーニの隔週刊誌、X-ファイルDVDコレクションが、

創刊 したらしい。

たった今、テレビCMで見て知ったフヂヲ。

創刊…。

創刊…新聞・雑誌などを初めて発行すること。

いま創刊したこのX-ファイルDVDコレクションを、

数年前に、約2年間せっせと毎号買い集めたという過去を持つフヂヲ。

なので、いま手元には、

全49巻のDVDが。

冊子のほうは、手元にないけど。

というわけで、たぶん、2回目の創刊。

こういうやり方ってあるのね、と、勉強になったフヂヲ。

デアゴスさんの常套手段なのかしら。

でも、X-ファイルは、根強い人気があるものね。

再び出しても、きっと需要はあるはず。

あって欲しい。

去年は映画も公開されたし、

タイミングとしては、悪くないかも。

ちょっと遅いけど。

しかし、創刊、ってコトバは、微妙である。

たとえば、アンコール創刊とか、そんな言い方して欲しかったり。

ま、もしかしたら、まったく同じ内容ではなく、

改訂版だったり、全くの別物だったりするのかもしれないけど。

それに、もしかしたら、

フヂヲが知らないだけで、2回目どころか実は3回目くらいの創刊だったり…?

AD

bewitched

テーマ:

「魔女たちの22時」という、

おネエMANSの続きのような番組。

今日は、7歳の長女と姉妹に間違えられる27歳の母、が出てましたけど、

これって、

若々しくてキレイ、ではなく、

単に童顔で幼い、ってだけでは?

魔女か?

ま、別にいいんですけど。

で、ふと思ったフヂヲ。

たとえば、

60歳の長女と姉妹に間違えられる80歳の母、は、

魔女?

それくらいだと、魔女にはならんか。

40歳の孫と姉妹に間違えられる80歳の祖母、なら、

魔女だね、きっと。

ま、フヂヲは魔王のほうが見たいわ。

AD